【グルメ探偵局】スープ餃子専門店!?目黒「Dumpling」で今だけ限定半額餃子!

スープ餃子専門店!?目黒「Dumpling」で今だけ限定半額餃子!

2016年5月の新発見①


 2016年5月9日、目黒駅から徒歩1分の場所に日本初のスープ餃子専門店「Dumpling(ダンプリン)」が登場!
なんと15日までの期間限定で全スープ餃子メニューが半額という情報を得て、早速来店することに。

【グルメ探偵局】※画像1 グランドオープンの広告

※画像1 グランドオープンの広告

 

体験報告


 開店時刻の11時を目標に店へとむかい、10時54分に店前に到着。
列などは特にできていなかった。

【グルメ探偵局】※画像2 外観

※画像2 外観

グランドオープンしたばかりということで店頭にはたくさんの花が。
開店までの5分の間に入り口にあるメニューをじっくり眺めた。

【グルメ探偵局】※画像3 店内風景

※画像3 店内風景

店内に入るとすぐにスープが入っている鍋がズラリ。
スープを入れるカップもびっしり並んでおり、どことなくスープストックを連想させる。

【グルメ探偵局】※画像4 テーブル席

※画像4 テーブル席

まずはレジで注文と会計を済ませ、番号札を受け取って好きな席へ座って待つというスタイル。
現在オープン記念のサービスで半額で餃子を味わえるのだが、半額になるのは単品の商品のみ。
セットメニューは通常料金のままなので注意が必要だ。

実食報告


 スープはレジ横の鍋に並んでいるが、実は餃子は奥で丁寧に茹で上げられている。
そのため時間帯によっては提供までに5〜10分かかることもあるらしい。

【グルメ探偵局】※画像5 濃厚鶏白湯スープ餃子

※画像5 濃厚鶏白湯スープ餃子

せっかく半額ということでできるだけ多くの種類を体験してみたい。
そこで今回は10種あるスープ餃子の中から3種をチョイス。
サイズはS・M・Lとあるので、全てSサイズで注文した。

最初に口にしたのは鶏白湯スープ餃子。
濃厚でありながらも優しい味わいで、意外とあっさり食べ進められる。
数種類のメニューを体験するならまずはコレから食べると良いかもしれない。

【グルメ探偵局】※画像6 ホタテとアサリのクラムチャウダースープ餃子

※画像6 ホタテとアサリのクラムチャウダースープ餃子

クラムチャウダースープ餃子はクリーム仕立てのスープ餃子だが、これも想像していたものよりスッキリしている。

もしかするとどのスープも餃子の味をしっかり感じるためにシンプルに仕上げているのかもしれない。
濃厚な味わいを好むならパルメザンチーズをトッピングするのもアリだろう。

【グルメ探偵局】※画像7 ベーコンとチーズのオニオンスープ餃子

※画像7 ベーコンとチーズのオニオンスープ餃子

最後に食べたのはオニオングラタンスープのようなスープ餃子。
思っていたよりも具が多く、玉ねぎもベーコンもドッサリ。
さらにブロッコリーも入っていて彩りも良かった。

 

デリシャスポイント


 もっとも魅力を感じたのはスープよりも餃子そのもの。
ニンニクとニラを使わず、全粒粉の皮で包んだユニークな餃子はとてもヘルシー!

遅めの朝食やランチとしても楽しめる身体に優しい新感覚餃子は年齢性別とわず親しまれそうだ。

【グルメ探偵局】※画像 餃子の断面

 

案内図


東京都品川区上大崎2丁目17-4
店名 Dumpling(ダンプリン)
公式HP http://dumpling.tokyo/
住所 東京都品川区上大崎2丁目17-4 美都ビル1F
営業時間 11:00〜23:00
定休日 年中無休

 

【グルメ探偵局】大洗ベリーズで茨城県の新品種いちご・いばらキッスのいちご狩り!

大洗ベリーズで茨城県の新品種いちご・いばらキッスのいちご狩り!

1〜3月の旬食材⑥


 常連マダムのたっての希望で、茨城県の新品種いちごであるいばらキッスが食べられる場所を報告することになった。
そこで思い出したのが「大洗ベリーズ」。
昨年この農園でいばらキッスのいちご狩りを体験したことがある。

マダムにその話をすると、過去の情報でもいいから教えて欲しいというので、今回は昨年のレポートを提出することにした。

 

体験報告


 昨年のちょうど今頃、事前にいちご狩りの予約をとっておいた上で大洗ベリーズを訪れた。
実はこのいちご園の受付は一風かわっている。

【グルメ探偵局】※画像1 受付

※画像1 受付

いちご狩りの参加料金の支払いはこの車で!
受付を済ませるとスタッフが園内の説明を話し始める。

【グルメ探偵局】※画像2 受付があるハウス内

※画像2 受付があるハウス内

受付の車があるのは大きなハウスの中。
その場所には暖炉や休憩スペースも。

【グルメ探偵局】※画像3 設置されている遊具

※画像3 設置されている遊具

さらに休憩スペースには子供が楽しめるアイテムが!
ファミリーでのいちご狩りにむいていそうだ。

【グルメ探偵局】※画像4 テーブルサッカー

※画像4 テーブルサッカー

有料のゲームも設置されていた。
こちらは中学生以上限定の遊びで、体験料は100円。

【グルメ探偵局】※画像5 いちご狩り用のシール

※画像5 いちご狩り用のシール

そして私が一番はしゃいでしまったのはこのシール。
可愛いイチゴのキャラクターが描かれており、いちご狩り参加者はこれをつけていちごを食べ放題するのだ。
もちろんお土産としてシールを持ち帰るのもよい。

 

実食報告


 いちごの栽培というのはとても天候に左右されるもの。
昨年は特に雨の影響もあって、この農園も苦労していたようだ。

【グルメ探偵局】※画像6 いちご狩りスペース

※画像6 いちご狩りスペース

いちご狩りで食べ放題できる品種は色々あるのだが、この時は主に紅ほっぺと、今回マダムに報告したいいばらキッスを食べることができた。

【グルメ探偵局】※画像7 いばらキッス

※画像7 いばらキッス

いばらキッスは濃い紅色で、味は酸味と甘みのバランスが良い。
キレとコクもあり、いびつな形のものでも食べてみるとずっと口の中に香りが残り、かなり存在感のある味。

 

デリシャスポイント


 このいちご園の最大の魅力はスタッフの人柄。
気さくに話しかけ、こちらの感想を真摯に受け止める。

昨年摘み取って食べたいばらキッスは天候の影響もあって味にバラつきがあり、私はその場で正直な想いを発言した。

その後、いばらキッスがどうなったのか気になってはいたが、今年は現地に伺うタイミングがなく、パック詰めの購入品を食した。
すると、昨年よりだいぶ甘さも香りもアップしていてとても感動する結果に!
努力し続けるいちご園をこれからも応援していきたいと強く思った。

 

案内図


緯度経度で指定
店名 大洗ベリーズ
公式HP http://oaraiberry.com
住所 茨城県東茨城郡大洗町神山町2054番地
営業時間 9時~16時
定休日 不定休

 

依頼人からのコメント


madam

ファミリーむけのいちご園というのもステキね。
楽しい週末が過ごせそうなスポットだわ。

いばらキッスはやはりとても濃い赤色なのね〜!
まだ食べたことがないから本当に気になるわ。

探偵さん、まだまだ他にも新品種いちごはあるのかしら?

to be continued

【グルメ探偵局】茨城県の新品種いちご「いばらキッス」のパフェ!

茨城県の新品種いちご「いばらキッス」のパフェ!

1~3月の旬食材⑤


常連マダムからの依頼で、旬のいちごについての情報を引き続き集めている。

注目の新品種いちごを紹介しようと、今回は銀座にある「茨城マルシェ」を訪れることにした。

 

体験報告


 店に到着したのは13時半頃。
店内はほぼ満席で、ちょうど片づけをしている途中のテーブルに通されることになった。
しばらくレジ近くの椅子にかけて待機。

この店はランチタイムにサラダや惣菜類のバイキングを行っており、メインメニューを注文したのち、小皿に好きなだけ野菜をとって食べることができる。
そのため昼の時間は多くの人でにぎわっているのだ。

ちなみに人気メニューは味噌煮込みうどんや、納豆を使った定食。
惣菜のコーナーには大学芋が並ぶこともある。

 

実食報告


注文するメニューはあらかじめ決めていた。
茨城県の新品種いちご「いばらキッス」を使用したパフェだ。

【グルメ探偵局】※画像1 いばらキッスのパフェ

※画像1 いばらキッスのパフェ

このいちごは果皮が真っ赤で、可愛らしくもあり、情熱的にも感じる。
茨城マルシェのいばらキッスのパフェは苺の並べかたが独特で、こちらに迫ってくるような迫力がある。

【グルメ探偵局】※画像2 後ろから見た様子

※画像2 後ろから見た様子

そしてパフェを反対側から見てみると、正面とは全くことなる雰囲気なのも面白い。
後ろ側をみると、グラスの上のほうにはいちごアイスとバニラアイス、グラスの中にたっぷりホイップクリームが入っているのがよくわかる。

【グルメ探偵局】※画像3 パフェのアップ

※画像3 パフェのアップ

いばらキッスの特徴は、甘さだけでなく適度な酸味があり、とてもバランスのよい味わいだということ。
そしてとても濃厚でキレがある。

【グルメ探偵局】※画像4 いばらキッスのアップ

※画像4 いばらキッスのアップ

いばらキッスは開発に8年という歳月をかけ、1万種以上の中から選抜されて出来上がったいちご。
それを思いながら食べると、歴史と深みを感じる。

私からするといばらキッスはとても凛とした感じの味わいで、パフェ・ショートケーキ・かき氷などのいずれと合わせても、クリーム等の味に負けないコクがある。

 

デリシャスポイント


 茨城マルシェではいばらキッスのパックを購入して持ち帰ることも可能。
レッドパール・いちご狩りで人気の章姫・定番のとちおとめなどを交配して生まれたいばらキッスを自宅でじっくり味わうのも良いだろう。
とちおとめと食べ比べてみるのも面白いかもしれない。

【グルメ探偵局】※画像5 いばらキッスの販売コーナー

※画像5 いばらキッスの販売コーナー

沢山並んでいるなかから、自身の好みの形のものを選ぶと良い。
パフェにのっていたいちごよりも、一回り大きいものが並んでいることもあるのが嬉しい。

【グルメ探偵局】

 

案内図


東京都中央区銀座1-2-1
店名 茨城マルシェ Restaurant&Bar
公式HP http://ibarakimarche.com
住所 東京都中央区銀座1-2-1
営業時間 ・ランチタイム 11:00~17:00
・ディナータイム17:00~23:00
定休日 無休

 

依頼人からのコメント


madam

まぁ!いばらキッスという可愛らしい名前のいちごがあるのね!
知らなかったわ!真っ赤で美味しそう。
これは是非食べにいかなくちゃいけないわ。

え?価格は980円ですって。
それはとってもお得ね!

グルメ探偵さん、私とってもいばらキッスに興味が湧いてしまったわ。
良かったらいばらキッスを食べられる場所を他にも教えてくださらない?

to be continued

【グルメ探偵】

韓国蟹料理を満喫!実食編

12月の旬食材②-2


依頼人が求めるゆっくりと静かに蟹を堪能できる場所。
そんな店を探して訪れたのが赤坂にある『プロカンジャンケジャン』。

 

実食報告


平日ランチのカンジャンケジャン・セットをオーダーし、エプロンと手袋を装着して実食。

【グルメ探偵】※画像1 カンジャンケジャン

※画像1 カンジャンケジャン

カンジャンケジャンとはワタリガニの醤油漬けのこと。
生の蟹の身を愉しめるだけでなく、蟹味噌や内子もたっぷり味わえる贅沢な逸品。

【グルメ探偵】※画像2 内子

※画像2 内子

というわけで、まずはオレンジ色の内子から!
とても甘みがあって美味。
この部分にハマって通う客も多い。

【グルメ探偵】※画像3 蟹の身

※画像3 蟹の身

そして生の蟹の身。
食感はとてもやわらかくトゥルンと口に入っていく。
茹でたものより上手く身が取り出せるようだ。

【グルメ探偵】※画像4 身をご飯に乗せた様子

※画像4 身をご飯に乗せた様子

取り出した身をご飯の上に乗せて味わってみるのも良いだろう。

【グルメ探偵】※画像5 蟹味噌

※画像5 蟹味噌

蟹味噌はとても濃厚で、最後の一口にとっておきたくなる素晴らしいテイスト。

【グルメ探偵】※画像6 味噌をご飯の上に乗せた様子

※画像6 味噌をご飯の上に乗せた様子

この味噌や内子の部分もご飯の上に乗せて食べてみると良いだろう。

【グルメ探偵】※画像7 おかず

※画像7 おかず

ナムルやキムチなどのおかずを間に挟むと飽きずに最後まで愉しめる。

【グルメ探偵】※画像8 韓国海苔に乗せた様子

※画像8 韓国海苔に乗せた様子

韓国海苔の上にご飯と蟹の身や味噌をのせ、巻いて食べるのも楽しい。

【グルメ探偵】※画像9 甲羅にご飯を入れた様子

※画像9 甲羅にご飯を入れた様子

最後には甲羅の中にご飯を入れて食べるのが通。
お店のスタッフにもそうするように勧められた。

【グルメ探偵】※画像10 甲羅のご飯を混ぜたもの

※画像10 甲羅のご飯を混ぜたもの

中に入れたご飯はよく混ぜるとよい。
甲羅の端のよく見えないところに内子や味噌が実は結構ついているので、ご飯を混ぜることによって全て余すことなく食べることができるのだ。

 

デリシャスポイント


実は今回、このランチセット以外にもう1つ事前にオーダーしているものがある。

【グルメ探偵】※画像11 クリーミーかにパスタ

※画像11 クリーミーかにパスタ

今年の夏にランチパスポートを利用すると食べることができた「クリーミーかにパスタ」だ。

予約時にリクエストすることで作ってもらうことができた。
ただし、ランチパスポートの期間は過ぎているため500円というわけではない。
現在は平日のランチ限定で1300円で提供されている。

【グルメ探偵】※画像12 パスタを取り分けた様子

※画像12 パスタを取り分けた様子

このパスタには蟹の身も蟹味噌もどっさり使用されており、とてもクリーミーで濃厚。
1度食べたら忘れられない味だ。

冷めるとやや麺がかたまってきてしまうので、出来立てアツアツのうちに完食するのが良いだろう。

 

案内図


東京都港区赤坂3-11-7
店名 プロカンジャンケジャン
公式HP http://www.prosoycrab.co.jp/
住所 東京都港区赤坂3-11-7 ソシアル赤坂ビル2F
営業時間 平日 【ランチ】11:30〜14:30 
   【ディナー】17:00~23:00(LO22:00)
土日祝
11:30~23:00(通し営業)
※ラストオーダー 22:00
定休日 年始

 

依頼人からのコメント


madam

甲羅の中にご飯を入れてたべるなんて面白そうだわ!

それにパスタのクリーミーさといったら!
写真を見るだけで濃厚なことが伝わってくるわね。

グルメ探偵さん、ありがとう。
でもそうね、もう少し手軽に気軽に蟹を愉しめるお店がもしあればそれも教えて欲しいわ。

to be continued