韓国蟹料理を満喫!実食編

Pocket

12月の旬食材②-2


依頼人が求めるゆっくりと静かに蟹を堪能できる場所。
そんな店を探して訪れたのが赤坂にある『プロカンジャンケジャン』。

 

実食報告


平日ランチのカンジャンケジャン・セットをオーダーし、エプロンと手袋を装着して実食。

【グルメ探偵】※画像1 カンジャンケジャン

※画像1 カンジャンケジャン

カンジャンケジャンとはワタリガニの醤油漬けのこと。
生の蟹の身を愉しめるだけでなく、蟹味噌や内子もたっぷり味わえる贅沢な逸品。

【グルメ探偵】※画像2 内子

※画像2 内子

というわけで、まずはオレンジ色の内子から!
とても甘みがあって美味。
この部分にハマって通う客も多い。

【グルメ探偵】※画像3 蟹の身

※画像3 蟹の身

そして生の蟹の身。
食感はとてもやわらかくトゥルンと口に入っていく。
茹でたものより上手く身が取り出せるようだ。

【グルメ探偵】※画像4 身をご飯に乗せた様子

※画像4 身をご飯に乗せた様子

取り出した身をご飯の上に乗せて味わってみるのも良いだろう。

【グルメ探偵】※画像5 蟹味噌

※画像5 蟹味噌

蟹味噌はとても濃厚で、最後の一口にとっておきたくなる素晴らしいテイスト。

【グルメ探偵】※画像6 味噌をご飯の上に乗せた様子

※画像6 味噌をご飯の上に乗せた様子

この味噌や内子の部分もご飯の上に乗せて食べてみると良いだろう。

【グルメ探偵】※画像7 おかず

※画像7 おかず

ナムルやキムチなどのおかずを間に挟むと飽きずに最後まで愉しめる。

【グルメ探偵】※画像8 韓国海苔に乗せた様子

※画像8 韓国海苔に乗せた様子

韓国海苔の上にご飯と蟹の身や味噌をのせ、巻いて食べるのも楽しい。

【グルメ探偵】※画像9 甲羅にご飯を入れた様子

※画像9 甲羅にご飯を入れた様子

最後には甲羅の中にご飯を入れて食べるのが通。
お店のスタッフにもそうするように勧められた。

【グルメ探偵】※画像10 甲羅のご飯を混ぜたもの

※画像10 甲羅のご飯を混ぜたもの

中に入れたご飯はよく混ぜるとよい。
甲羅の端のよく見えないところに内子や味噌が実は結構ついているので、ご飯を混ぜることによって全て余すことなく食べることができるのだ。

 

デリシャスポイント


実は今回、このランチセット以外にもう1つ事前にオーダーしているものがある。

【グルメ探偵】※画像11 クリーミーかにパスタ

※画像11 クリーミーかにパスタ

今年の夏にランチパスポートを利用すると食べることができた「クリーミーかにパスタ」だ。

予約時にリクエストすることで作ってもらうことができた。
ただし、ランチパスポートの期間は過ぎているため500円というわけではない。
現在は平日のランチ限定で1300円で提供されている。

【グルメ探偵】※画像12 パスタを取り分けた様子

※画像12 パスタを取り分けた様子

このパスタには蟹の身も蟹味噌もどっさり使用されており、とてもクリーミーで濃厚。
1度食べたら忘れられない味だ。

冷めるとやや麺がかたまってきてしまうので、出来立てアツアツのうちに完食するのが良いだろう。

 

案内図


東京都港区赤坂3-11-7
店名 プロカンジャンケジャン
公式HP http://www.prosoycrab.co.jp/
住所 東京都港区赤坂3-11-7 ソシアル赤坂ビル2F
営業時間 平日 【ランチ】11:30〜14:30 
   【ディナー】17:00~23:00(LO22:00)
土日祝
11:30~23:00(通し営業)
※ラストオーダー 22:00
定休日 年始

 

依頼人からのコメント


madam

甲羅の中にご飯を入れてたべるなんて面白そうだわ!

それにパスタのクリーミーさといったら!
写真を見るだけで濃厚なことが伝わってくるわね。

グルメ探偵さん、ありがとう。
でもそうね、もう少し手軽に気軽に蟹を愉しめるお店がもしあればそれも教えて欲しいわ。

to be continued

Pocket