【グルメ探偵局】甘酸っぱさが魅力の夏いちご!ハーブスの夏いちごのケーキが本日からスタート!

甘酸っぱさが魅力の夏いちご!ハーブスの夏いちごのケーキが本日からスタート!

今月の限定メニュー②


いちごの旬は冬から春と言われているが、最近では夏いちごの品種も徐々に増えている。2週間ほど前に、資生堂パーラーの恋姫という名の夏いちごのパフェを紹介したが、別の品種の夏いちごを使用したスイーツを求めて「HARBS(ハーブス)」を訪れることにした。

 

体験報告


今回訪れたのはルミネエストB2Fにあるハーブス。ルミネエストがオープンする11時をめがけてむかったが、本日からバーゲンがスタートするため沢山の女性の姿があった。

【グルメ探偵局】※画像1 店内風景

※画像1 店内風景

11時ちょうどに来店すると、先にすでに1組が着席。その後もどんどんと客が入り、11時半頃にはほぼ満席の状態になっていた。

 

実食報告


実は夏いちごのケーキは昨年も季節のケーキとして登場しているメニュー。今年は本日7月14日(木)から8月17日(水)までの限定商品。

【グルメ探偵局】※画像2 夏いちごのケーキ

※画像2 夏いちごのケーキ

夏いちごのケーキを上から撮影するとこのようになる。トップにはカットされていないまるごとのいちごが3粒のせられている。

【グルメ探偵局】※画像3 夏いちごのケーキ(横)

※画像3 夏いちごのケーキ(横)

夏いちごのケーキは1カット1000円。なかなかの価格だが、横から見てみるとかなり迫力のある大きさだ。

【グルメ探偵局】※画像4 トップの夏いちご

※画像4 トップの夏いちご

ちなみに夏いちごの品種は何なのかを尋ねてみると、その日の入荷によって多少ことなるのだそう。大抵は上の部分にサマープリンセスを使用し、中にはサマープリンセスに加えてすずあかねが入る場合もあるのだとか。

スポンジはとてもきめ細かくソフトな食感で、そのうえに夏いちごが綺麗に並べられて層になっている。

 

デリシャスポイント


夏いちごの魅力はなんといっても甘酸っぱさ。春に食べるいちごと比べて酸味が強く、ショートケーキやスイーツには相性の良いいちごだ。

酸味のきいた刺激的ないちごが好みならとてもオススメのケーキ。是非一度夏ならではのいちごの味をかみしめてみてはいかがだろう。

【グルメ探偵局】※画像 層になった夏いちご

 

案内図


東京都新宿区新宿3-38-1
店名 HARBS(ハーブス) ルミネエスト新宿店
公式HP http://www.harbs.co.jp/harbs/
住所 東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿B2F
営業時間 月〜金:OPEN 11:00 CLOSE 22:00(ラストオーダー21:30)
土日祝:OPEN 10:30 CLOSE 22:00(ラストオーダー21:30)
定休日 なし
【グルメ探偵局】千疋屋の今だけ限定メニュー!いちご和風パフェ&大粒苺フェア!

千疋屋の今だけ限定メニュー!いちご和風パフェ&大粒苺フェア!

1〜3月の旬食材④


 常連マダムの依頼で、2月も各地でいちごメニューを探し歩いている。
薫りにこだわりがありそうなマダムのために、新品種の香り高いいちごを使用したパフェを見つけてみることにした。

そして今回訪れたのが京橋千疋屋。
現在はどの店舗ての苺フェアと大粒苺フェアが開催中だ。

 

体験報告


事前にいつくかの店舗に電話をかけてみたところ、常時複数の品種を扱っている京橋本店へ向かうことにした。

【グルメ探偵局】※画像1 外観

※画像1 外観

10時45分頃の到着だったが、モーニング利用の客で半分くらいの席が埋まっていた。
奥の4名がけの席へ通され、じっくりといちごのメニューだけを眺めた。

【グルメ探偵局】※画像2 店内風景

※画像2 店内風景

この店は予約も可能で、お昼前になると予約席の札が置かれた席が増えていく。

【グルメ探偵局】※画像3 大粒苺フェアメニュー

※画像3 大粒苺フェアメニュー

大粒苺フェアのメニューは大粒苺パフェ・大粒苺ワッフル・大粒苺サンドウィッチの3種。
いずれもハーフサイズを注文することも可能だが、その場合はフルサイズと同じ価格でセットドリンクが付くというスタイル。

【グルメ探偵局】※画像4 チャリティーメニュー

※画像4 チャリティーメニュー

メニューブックの最初のページには、チャリティーメニューと通常サイズの苺フェアのメニューがのっている。

 

実食報告


今回は大粒苺と通常サイズのいちごを食べ比べて見たかったため、2種類のパフェをオーダーすることにした。

【グルメ探偵局】※画像5 2種のパフェ

※画像5 2種のパフェ

注文したのは「いちごの和風パフェ」と「大粒苺のパフェ」だが、どちらにも共通して同じいちごが1種のせられていた。

【グルメ探偵局】※画像6 いちごの和風パフェ

※画像6 いちごの和風パフェ

最初に食べ始めたのはいちごの和風パフェ。
東日本大震災の復興支援チャリティーメニューで、京橋本店と表参道原宿店のみで提供されている限定メニュー。
売り上げの一部(10%)が義援金として日本赤十字へ寄付される。

【グルメ探偵局】※画像7 抹茶あんみつ風のパフェ

※画像7 抹茶あんみつ風のパフェ

このパフェはいちご抹茶あんみつといった感覚。
こちらはパフェを後ろから撮影したもの。

【グルメ探偵局】※画像8 和風パフェの中身

※画像8 和風パフェの中身

トップには抹茶のアイスなどがあり、中には黒蜜やあずきが入っているのだ。
しかしながら千葉県産の紅つやかといういちごの酸味と甘みの存在感もある。
今までにないパフェに出会うことができた喜びは大きい。

【グルメ探偵局】※画像9 大粒苺のパフェ

※画像9 大粒苺のパフェ

大粒苺のパフェは日によって使用する苺の品種が変わる。
本日はあまおう・紅つやか・清香などがあったそうだが、その中から小さ目の清香と大粒の紅つやかが登場。

【グルメ探偵局】※画像10 大粒の紅つやか

※画像10 大粒の紅つやか

甘味と酸味のバランスがよく、コクのある味わいの紅つやか。
小粒の紅つやかは抹茶アイスにも負けない濃厚な味で、大粒の紅つやかは少しまろやかで、果皮はやわらかくジューシーだった。

 

デリシャスポイント


 一番印象に残ったのは、なんといっても清香の個性的な香り。
果肉の中のほうは白っぽく、とってもフルーティーな香りが口の中いっぱいに広がる。
甘味もかなり強く、何もつけずにそのまま何粒も食べ続けたくなるテイスト。

【グルメ探偵局】※画像11 スプーンに乗せた紅つやか

※画像11 スプーンに乗せた紅つやか

この時期の千疋屋のいちごパフェは、どこの店舗にいつ訪れるかによって出会うことのできる品種がかわる。
アイベリーやきらぴ香、スカイベリーを提供していることもある。

【グルメ探偵局】※画像12 ショコラフレーズ

※画像12 ショコラフレーズ

特選いちごにスイートチョコ&ホワイトチョコレートをコーティングした、ショコラフレーズも今の時期の人気アイテム。
バレンタインの贈り物としても喜ばれそうだ。

ちなみにこの商品も、あまおうやとちおとめなどその時々で違う品種を使用している。

 

案内図


東京都中央区京橋1-1-9
店名 京橋千疋屋 京橋本店
住所 東京都中央区京橋1-1-9
営業時間

月 8:00~18:00(※ラストオーダー 17:30)
フルーツバイキング開催のため、18:00まで
火~金 8:00~21:00(※ラストオーダー 20:30)
土日祝 9:30~18:00(※ラストオーダー 17:30)

定休日 年末年始

 

依頼人からのコメント


madam

美味しいいちごパフェを食べて、復興支援チャリティーにも協力できるとは素敵なメニューね!
和風パフェというのも魅力的だわ。

清香という個性的な香りのいちごにもとても興味が湧いたわ。
きっと上品な味わいなのでしょうね。

探偵さん、私が知らないいちごの品種をもっと教えて頂きたいわ。

to be continued

【グルメ探偵局】

ハート型の白いちごが可愛い!タカノフルーツパーラーの初恋の香りパフェ

1〜3月の旬食材②


今月の旬食材いちご。

依頼人の希望でいちごを使用したときめくスイーツを探している。

そこで今回は近年人気が急増している白いちごに注目。
初恋の香りという名の白いちごを使用したパフェを提供している新宿のタカノフルーツパーラーへむかった。

 

体験報告


今回訪問したのはタカノフルーツパーラーの新宿本店。
平日の11時半頃に到着すると、まだ窓際の広い席も空いていた。

【グルメ探偵局】※画像1 レジ前のショーケース

※画像1 レジ前のショーケース

ショーケースには旬のフルーツの見本が並べられている。
紅ほっぺの横に、今回のお目当ての白いちごも置かれていた。

【グルメ探偵局】※画像2 苺のダブルショートケーキ

※画像2 苺のダブルショートケーキ

そして見本のいちごの右横にはとても大きなサイズの苺のショートケーキが!
ダブルショートケーキはこの季節の人気メニューの1つ。

【グルメ探偵局】※画像3 ミニフルーツミックスジュース

※画像3 ミニフルーツミックスジュース

入店する際にレジ横にあったパンプレットを手に取り、席に座ってすぐにそれをパラパラとめくっているとあるものを発見。
JAF会員限定のサービスだ。

会員証を提示するとミニフルーツミックスジュースがもらえるサービスで、1グループ全員が対象人数。

 

実食報告


今回オーダーしたのは「スカイベリーと初恋の香りのパフェ」。

栃木の新品種いちごのスカイベリーと、ほんのりピンクにそまったキュートな白いちごの組み合わせ。
初恋の香りという名前がぴったりのいちごだ。

【グルメ探偵局】※画像4 スカイベリーと初恋の香りのパフェ

※画像4 スカイベリーと初恋の香りのパフェ

白いちごはハート型にカットされている!
見ているだけでキュンとしてしまう恋するパフェ。
食べるのがもったいなく思う女子もいるだろう。

【グルメ探偵局】※画像5 メニュー

※画像5 メニュー

新宿高野創業130周年コラボメニューとして「栃木県産スカイベリーのパフェ」も期間限定で登場。

白いちごよりも、いちご王国とちぎのプレミアムいちごを沢山食べてみたいという人にはこちらがオススメ。

 

デリシャスポイント


スカイベリーオンリーのパフェも、スカイベリーと初恋の香りのパフェも、どちらもいちごやクリームの下には苺のシフォンケーキが入ってる。

ひんやりスイーツの中からほわほわの生地がでてくるとなんだかほっこりした気分になれる。

【グルメ探偵局】※画像 苺のシフォンケーキ

 

案内図


東京都新宿区新宿3-26-11
店名 タカノフルーツパーラー新宿本店
公式HP http://takano.jp/parlour/shinjuku/
住所 東京都新宿区新宿3-26-11 5F
営業時間 11:00AM〜9:00PM(ラストオーダー8:30PM)

 

依頼人からのコメント


madam

ハート型にカットされた白いちごですって!?
写真を見ているだけでときめいてしまうわ。

グルメ探偵さん、同じくらいかわいい苺スイーツをもっともっと紹介してちょうだい!

to be continued

【グルメ探偵局】

クリスマスリース型パンケーキ

12月の限定メニュー②


 今月だけしか食べることのできないクリスマスメニューを求めて羽田空港までやってきた。
第2ターミナルの地下にある「eggcellent BITES(エッグセレントバイツ)」という店に、クリスマスによく見かけるあるものの形をしたパンケーキがあるというのだ。

 

体験報告


 空港に到着したのは日曜の11時頃。
事前に店に問い合わせをした際、季節のパンケーキは早い時には昼過ぎに完売してしまうこともあるといっていたため昼前には着くように計画していた。

【グルメ探偵局】※画像1 割引券

※画像1 割引券

店が見える距離までくると、ちょうど運よく割引チケットを配っていた。
飛行機のチケットに似せたユニークなデザイン。

【グルメ探偵局】※画像2 スペシャルメニュー

※画像2 スペシャルメニュー

店内に入り、早速レジで季節のパンケーキについて聞いてみると、スペシャルメニューが登場。
お目当てのパンケーキの他に、フォアグラとポルチーニのプレミアムスターバーガーも発見!
2700円というゴージャスなハンバーガーだ。

【グルメ探偵局】※画像3 ラゲージタグの紹介

※画像3 ラゲージタグの紹介

会計をしているときにふと目に入ったのがこのラゲージタグの紹介。
自分の名前を入れたりできるオーダーメイドのもので、店名に相応しい卵型のものもあった。

【グルメ探偵局】※画像4 店内風景

※画像4 店内風景

番号札を受け取り店内へ。
メルセデス・ベンツとのコラボレーション店のため、店内のどこにいても車関連のものが目に入る。

 

実食報告


 5分ほど待っているとパンケーキが登場。
12月27日までの限定メニュー!

【グルメ探偵局】※画像5 季節のパンケーキ

※画像5 季節のパンケーキ

こちらは12月の季節のパンケーキでメニュー名は「ベリーたっぷりふわふわクリスマス・リースのスターパンケーキ」。
価格は1450円。

【グルメ探偵局】※画像6 ベリーソースをかける様子

※画像6 ベリーソースをかける様子

クリスマスリースは緑色の綿あめでできており、リースの飾りとしてブルーベリーやシュガーでできた赤いリボンがのせられている。

パンケーキにはメルセデス社のスターマークがついており、全体に自家製のベリーソースをかけて頂く。

ちなみにリースの下のパンケーキは3枚で、それぞれ少しずつ大きさが異なっていた。
少し焼き時間が長めだったのか裏面の焼き色は濃い目のブラウンで、生地の厚みは薄目だが食感は意外と弾力がある。

【グルメ探偵局】※画像7 グリーンのわたあめ

※画像7 グリーンのわたあめ

実はレギュラーメニューの中にもわたあめを使用した「クラウドパンケーキ」というものがあるのだが、今回のクリスマスリースの部分のわたあめはクラウドパンケーキ用のものよりも食感がしっかりしていた。

クラウドパンケーキはソースをかけると綿菓子がいっきにとけていくのに対し、このグリーンのわたあめはベリーのソースをかけた部分だけがくぼみ、あとは手でほぐして食した。

 

注目ポイント


わたあめの奥のほうに埋もれていたいちごを見つけたときにはなんだか少し嬉しい気持ちに。
とてもワクワクした気持ちになれるメニューでクリスマスにぴったりではないだろうか。

クリスマスツリーや雪だるま、サンタなどをモチーフにしたメニューは多くみかけるが、リース型のパンケーキはとても新鮮だった。

【グルメ探偵局】※画像 いちご

 

案内図


緯度経度で指定
店名 eggcellent BITES Mercedes me 東京 Haneda店(エッグセレント・バイツ)
公式HP http://eggcellent.co.jp/haneda/
住所 東京都大田区羽田空港3-3-2 第2旅客ターミナルビルB1F
営業時間 7:00-21:30 (21時L.O.)
定休日 無休

 

依頼人からのコメント


madam

まぁ!ふわふわのクリスマスリースって素敵だわ!
これがパンケーキですって!?
とても芸術的ね。

グルメ探偵さん、まだ他にも芸実的なクリスマススイーツはあるのかしら?

to be continued

【グルメ探偵】スプーンでクリームをすくっているもの

ジューシーなリンゴのかき氷

11月の旬食材②


りんごの香りを楽しめるメニューを求めて、今回は池袋の街へ。
果物がもつ美味しさを最大限に活かしてかき氷を作っている店があるのだ。
店名は『HACHIKU(ハチク)』。

【グルメ探偵】※画像1  店頭の黒板

※画像1 店頭の黒板

この店はフルーツ屋からスタートした店であり、旬のフルーツや日光天然氷を使用したかき氷を味わうことができる。

 

体験報告


かき氷のメニューは日々変化するため、毎日Instagram等で本日のメニューを発表している。

人気のあるメニューはすぐ完売してしまうこともあるため、どうしても食べたいメニューがある場合はオープン時刻に合わせて来店すると良いだろう。

 

【グルメ探偵】※画像2 店内風景

※画像2 店内風景

ドラム缶のテーブルやゆっくり座れる長椅子の席がある。
店内の温度はかき氷を食べている間に身体が冷えないよう若干高め。

【グルメ探偵】※画像3 カウンター席

※画像3 カウンター席

かき氷の写真を綺麗に撮影したいならカウンター席がオススメ。
テーブルの高さもちょうどよく、窓に近い席なら日差しも良い感じだ。

 

実食報告


来店したのは平日の13時頃。
ちょうどタイミングよくリンゴのメニューを提供している日だった。

先客はカウンターに2名、ドラム缶に2名、長椅子に1名。
まずは受付で注文と会計を済ませた上で席に座って出来上がりを待つというスタイル。

【グルメ探偵】※画像4 「おリンゴリンゴ」

※画像4 「おリンゴリンゴ」

オーダーしたのは「おリンゴリンゴ」というメニューでSサイズで700円。【グルメ探偵】

※画像5 注文直後の黒板メニュー

さらにプラス100円を払って日光天然氷に変更。
数量限定でのサービスなので天然氷を食べたい場合は早めに来店したほうが良い。

このメニューはリンゴにみるくを合わせるか、ヨーグルトを合わせるかチョイスできるのだが今回はヨーグルトを選択。

まずはクリームやヨーグルトのかかっていないリンゴ味の部分だけを食べると、なんだかとても懐かしいテイスト。
風邪をひいたときによく食べたすりおろしリンゴのような感覚なのだ。
さっぱりとしていて身体に優しい味わい。

 

デリシャスポイント


この店のかき氷の特徴の1つであるたっぷりのクリームが多くの人を魅了している。

このりんごのかき氷もクリームの存在感が大きく、氷でありながら西洋のドルチェのような気分を味わうことができる。

【グルメ探偵】※画像 スプーンでクリームをすくっているもの

 

案内図


東京都豊島区西池袋3-32-6
店名 『HACHIKU(ハチク)』
住所 東京都豊島区西池袋3-32-6 藤栄ビル 1F
営業時間 12:00~20:00(売り切れ次第終了)
定休日 不定休(※Twitterでお知らせあり)
Twitter https://twitter.com/TomMarche

 

依頼人からのコメント


madam

私は最近流行りのクリーム系のかき氷って食べたことがなかったのだけど、このお店のフルーツ果汁との組み合わせは是非一度体験してみたいわ。

グルメ探偵さん、りんごと香りを楽しめるスイーツはまだ他にもあるかしら?

to be continued

【グルメ探偵】クリスマスツリー風パフェ!

クリスマスツリー風パフェ!

11月の限定メニュー②


今月食べることができる限定メニューを求めて次はどの街へむかうか考えていたところ、ふと浦和のうなこちゃんのことが思い浮かんだ。

うなこちゃんの石像が持ち去られるという事件をつい最近ニュースで見たが、一体今うなこちゃんはどうなっているのだろう…

【グルメ探偵】※画像1 浦和駅前のうなこちゃん

※画像1 浦和駅前のうなこちゃん

自然と足がむき浦和駅前に降り立ってみると、駅前のうなこちゃん像の握っているうちわに「うなこちゃん 帰るのを待ってます」というメッセージが。

せっかく浦和にやってきたのだから、うなこちゃんの帰りを祈りながら浦和の絶品スイーツを食べよう。

そして浦和で大人気の『アカシエ・サロン・ド・テ』を訪れた。

【グルメ探偵】※画像2 外観

※画像2 外観

 

体験報告


 浦和駅から歩いて15分ほどの静かな場所にあるオシャレなサロン。
祝日の12時頃入店すると、空席はカウンターに1席のみ。
タイミングよく2組の客が退店することになり、席の準備ができるまでレジ前で待つことに。

【グルメ探偵】※画像3 レジ前の椅子

※画像3 レジ前の椅子

テーブルが綺麗に片付いてからもランチ利用客へのサーブを優先しており、思ったよりも待ち時間は長かった。

【グルメ探偵】※画像4 クリスマス装飾

※画像4 クリスマス装飾

椅子に座って店内を眺めているとクリスマスの装飾が至る所にあり、なんだかとても和んだ。

【グルメ探偵】※画像5 カウンター

※画像5 カウンター

その後、私は入り口に一番近い2名用テーブルに通された。
カウンター席の場合は目の前でパフェが出来上がっていく様子などを見ることができる。

【グルメ探偵】 ※画像6 天井装飾

※画像6 天井装飾

クリスマスの装飾は天井からも。トナカイや星等の飾りがキラキラ輝いて美しい。

店内の様子を眺めているとスタッフが待ち時間があったことについてお詫びの言葉を丁寧に語り、この店の接客対応の素晴らしさを実感した。

 

実食報告


 今回見つけた限定メニューは12月15日12月13日まで提供されるクリスマスメニュー「クープ・ノエル」。
クリスマスツリーに見立てたパフェだ。

【グルメ探偵】※画像7 「クープ・ノエル(1550円)」

 

※画像7 「クープ・ノエル(1550円)」

グリーンのクリームの正体はピスタチオクリーム。
モミの木の形を上手にあらわしており、周りのデコレーションにもこだわっている。

【グルメ探偵】※画像8 クープ・ノエルと店内風景

※画像8 クープ・ノエルと店内風景

少し遠目から見るとホンモノのツリーのよう。
店内装飾ともマッチしている。

【グルメ探偵】※画像9 星型のチョコレート

※画像9 星型のチョコレート

トップにある星もちゃんと食べることができる。
実はチョコレートでできているのだ。
左後ろに見えているのはアールグレイティー。

【グルメ探偵】※画像10 カモミールのアイスクリーム

※画像10 カモミールのアイスクリーム

ピスタチオのクリームを食べ進めていくと、最初に中から登場するのはカモミールのアイスクリーム。
その香りにとても癒される。

 

デリシャスポイント


 このツリーパフェの魅力はなんといっても様々な食材の食感。
カモミールアイスの下には真っ赤なミックスベリーのソルベ、そしてその奥からはふわふわの生地やホワイトチョコレートが!

さらに食べ進めていくとパリパリのパイまで!
ラストにはすっきりとしたバニラのジュレが登場。
何層にも美味しさが重なっている逸品だ。

クリスマスツリーの飾りつけの1つとして大粒のいちごが乗せられているのもいちご好きには嬉しい演出。

なんだかクリスマスツリーとクリスマスケーキを同時に愉しむことができたように思える。

【グルメ探偵】※画像(ホワイトチョコが見えている写真)

 

 

案内図


埼玉県さいたま市浦和区高砂4-4-19
店名 アカシエ・サロン・ド・テ
公式HP http://www.acacier.com/salon/index.html
住所 〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-4-19
営業時間 11:00~17:00(16:30 L.O.)
ランチ 11:00~14:00( L.O.)
定休日 水曜定休(祝日の場合は変動あり)

依頼人からのコメント


madam

まぁ!なんて素敵なの!
こんなにもクリスマスツリーそっくりに仕上がったパフェは見たことがないわ!
これは是非期間中に食べに行かなくては。

グルメ探偵さん。
これからも私が今まで見たことのない珍しいメニューをどんどん教えてちょうだいね。

【グルメ探偵局】

リンゴが香るオトナのあげぱん

11月の旬グルメ
「リンゴ」①


今月の旬食材であるリンゴ。

香りにこだわったリンゴメニューを求めてやってきたのは恵比寿。

まだ1度も訪れたことのない店に注目し、9月にニューオープンしたばかりの『あげパンカフェ&バー』へむかうことに。

あげぱんと聞くと給食を思い出す人が多いかもしれないが、なんとこの店ではオトナのあげぱんが楽しめるらしい。

一体どんなあげぱんなのだろうか?

 

体験報告


パンケーキが人気なアクイーユや、ハンバーガーで有名なブラッカウズの近くにオープンした『あげパンカフェ』。

王様のブランチでも先月紹介された店だ。

土曜の11時半の来店で先客は1名のみ。

【グルメ探偵局】※画像1 店内風景

※画像1 店内風景

店内の装飾はとても可愛らしく、各椅子にブランケットが備えられているのが女子には嬉しいサービス。

【グルメ探偵局】※画像2 黒板

※画像2 黒板

大きな黒板にメッセージが書き込まれており、懐かしい教室を思い出す。

 

ハプニング発生!?


席に座り3分ほど待ったが、お水もメニューもでてこないのでどうしようかと周りを見回すと、どうやら私が座った席以外には全てメニューブックが備え付けられている様子。

とりあえずそっと隣のテーブルのメニューを拝借した。

【グルメ探偵局】※画像3 メニュー表

※画像3 メニュー表

メニューを見て1番に目に入ってきたのは「ゴルゴンゾーラチーズandハニーあげパン」。

セットメニューは各100円でサラダ・スープ・ドリンクが付けられるというスタイル。

そしてとても魅力的なのは、あげパンをハーフ&ハーフでオーダーできること。

 

しかしここで残念な出来事が…

1番気になっていたゴルゴンゾーラチーズのあげパンが品切れ、さらに注文後にクランベリージュースがないことを告げられて他の飲み物に変更することに。

ちなみに全てのメニューでハーフ&ハーフが可能と最初に案内を受けたが、実際はカレー系のみハーフが不可能だった。

そのワケはこのあと説明しよう。

 

実食報告


今回は旬グルメのリンゴを使用したスイーツ系のあげパンに加えて、おかず系のあげパンの中からも1品、そしてドリンクを注文した。

【グルメ探偵局】※画像4 「トマトジュース(セットで100円)」

※画像4 「トマトジュース(セットで100円)」

クランベリージュースからトマトジュースに変更し、料理の前に提供された。

この時点で先客は退店し、貸し切りのような状態に。

【グルメ探偵局】※画像5 「バターチキンカレーあげパン・サラダセット(800円+100円)」

※画像5 「バターチキンカレーあげパン・サラダセット(800円+100円)」

1日限定10食というレアなメニュー。

一口サイズにカットされており、通常のあげパンとは提供スタイルが違うためハーフにすることが難しいというわけだ。

【グルメ探偵局】※画像6 食べ方

※画像6 食べ方

チーズフォンデュやナンにカレーをつけるような感覚であげパンをカレーに浸して頂く。

そして口に運ぶとこれはまさにカレーパン!

新感覚ながら、親しみのある味わいのあげパンに驚ろかされる。

 

【グルメ探偵局】※画像7 「焼きりんごあげパンと季節のフルーツ盛りあげパンのハーフ(850円)」

※画像7 「焼きりんごあげパンと季節のフルーツ盛りあげパンのハーフ(850円)」

ハーフでの注文の場合、価格はそれぞれのあげパン1つの値段の半分ずつを足したものにさらにプラス100円の料金がかかる。

あげパンの味はシュガー・きなこ・ココア・ホワイトシュガーから好きなものを選ぶことができ、ハーフの場合は2種類選択可能。

とにかく見た目の鮮やかさにトキメク逸品。
こんなにオシャレなあげパンとは出会ったことがない。

表面はカリカリサクサクに仕上がり、中はとってもソフトな食感のあげパンにメープルが染み込んでいる。

季節のフルーツは今回求めていたりんごも!

 

デリシャスポイント


焼きりんごのあげパンにはきなこを合わせたのだが、この組み合わせが意外にマッチ。

きなこと熱々りんごの香りが漂う和風アップルパイのようなスイーツパン。

他の店ではなかなか味わうことのできないオトナなあげパンを是非体験して欲しい。

【グルメ探偵局】

 

 案内図


東京都渋谷区恵比寿西2-9-9
店名 あげパンカフェ&バー
住所 東京都渋谷区恵比寿西2-9-9
クリスタルスクエア代官山1階
営業時間 10:00~23:00

 

依頼人からのコメント


マダム

まぁ!こんなあげパンは見たことがないわ。
2種のあげパンのどちらにもリンゴが入っていて素敵ね。

しかもニューオープンのお店ですって!
これは是非近いうちに来店したいわ。

グルメ探偵さん引き続きリンゴのメニューをよろしくお願いね。

to be continued

IMG_6153

時間限定クラシックパンケーキ

 11月のターゲット

「パンケーキ」①


今月のターゲットはパンケーキ。

まずはやはりシンプルでオーソドックスなパンケーキからまわっていくことにしよう。

そこで選んだ1軒目の店は池袋にある「RACINES(ラシーヌ)」というビストロ。サラダランチやパンが人気の店で行列ができることもある。

実はこの店では14時半から16時までの時間限定でパンケーキをオーダーすることが可能。

たった1時間半の間しか注文することができないと聞くと気になる人も多いのではないだろうか。

 

体験報告


入店時店内の満席率は90%

平日15時半だったがかなり賑わっている。

人気の時間帯は待ち時間が発生することもあり2名の利用でも大テーブルに横並びで座ることになる場合もある。

2名掛けのテーブルの場合、隣のテーブルとの間隔がかなり近い。

[グルメ探偵局】※画像1 セットドリンク「ヴィンテージ ブラックティー(450円)」

※画像1 セットドリンク「ヴィンテージ ブラックティー(450円)」

【グルメ探偵局】※画像2 「THE CLASSIC(1200円)」 提供時

※画像2 「THE CLASSIC(1200円)」 提供時

第一印象ではパンケーキの上にある大きな2枚のバターがかなり目を引く。

【グルメ探偵局】※画像3 横から見た状態

※画像3 横から見た状態

この店のパンケーキはリコッタチーズ&バターミルク入りで食感はややソフト。

 

デリシャスポイント


最大の魅力はバニラビーンズ入り有塩バターと生地、そしてカナダケベック州産メープルシロップの相性。

たっぷりのミルキーなバターとサラリとしたメープルはパンケーキに上手くしみこみ、一体感のある味わい。

これからの季節はおうち用にシュトーレンを購入して帰るのもオススメ。

【グルメ探偵局】クラシックパンケーキ

 

案内図


[map zoom=”14″]東京都豊島区南池袋2-14-2[/map]
店名 RACINES(ラシーヌ)
公式HP http://racines-bistro.com/
住所 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-14-2
ジュンクドウ書店池袋ビルB1
営業時間 BOULANGERIE 11:00~18:00
ランチ  11:00~15:00
ティー  15:00~16:30
ディナー 18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 無休
総席数 70席

 

依頼人からのコメント


 

salaryman

 
うわ〜!

すごく美味しそうですね。

しかも限定って言葉には僕も彼女も弱いのでとても気になります!
これはデートの下見がてら、まず自分1人でもいってみたい。
 
他にもシンプルなパンケーキを扱ってるお店はありませんか?

できればオーダーできる時間がもう少し長いお店も知っておきたいので。

グルメ探偵さんよろしくお願いします。
to be continued