【グルメ探偵局】資生堂ビル15周年!夏いちご‘恋姫’を使用した苺パフェに特製デザート!

資生堂ビル15周年!夏いちご‘恋姫’を使用した苺パフェに特製デザート!

今月の限定メニュー①


いちごの旬は冬から春にかけてだが、実は夏いちごと呼ばれる品種もある。
そして、なんと本日7月1日から資生堂パーラーサロンドカフェで、夏いちご‘恋姫’を使用したデザートがスタート。
早速来店することにした。

 

体験報告


以前、美濃娘のプレミアムストロベリーパフェが登場した際、毎日かなり限られた限定数の販売だったことを思い出し、今回はまず電話で事前に問い合わせてみた。
すると、日によって入荷量は異なるが、すぐに完売してしまうほどではないという内容だった。

店に到着したのは12時を過ぎた頃。
満席率は入店した時点では3割ほど。

【グルメ探偵局】※画像1 7月末までの限定メニュー2種

※画像1 7月末までの限定メニュー2種

 

実食報告


今回のお目当のメニューは、恋姫を使用したデザート2種。

【グルメ探偵局】※画像2 恋姫のストロベリーパフェ

※画像2 恋姫のストロベリーパフェ

こちらは東京銀座資生堂ビル15周年 こだわりの苺パフェ「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」で価格は1890円。

【グルメ探偵局】※画像3 夏いちご‘恋姫’

※画像3 夏いちご‘恋姫’

信州畑工房が所有する資生堂パーラー専用のハウスで採れた「夏いちご“恋姫”」は濃い紅色で、酸味が少なく深みのある味わい。ラズベリーやブルーベリーなど、他の種類のベリーの香りが思い出される不思議ないちごだ。

【グルメ探偵局】※画像4 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ表

※画像4 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ表

恋姫を使用したメニューはもう一つある。今月のデザート「あらかわの桃と恋姫のマリアージュ」 にも夏いちごが美しく盛り付けられている。価格はコーヒーまたは紅茶がついて1980円。

【グルメ探偵局】※画像5 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ裏

※画像5 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ裏

このデザートは手前側と後ろ側からの印象が異なり、皿をまわすと綺麗に並べられたスライスいちごに気がつく。

【グルメ探偵局】※画像6 スライスされた恋姫

※画像6 スライスされた恋姫

濃い赤色の夏いちごに思わずウットリ。

【グルメ探偵局】※画像7 桃のムース

※画像7 桃のムース

桃やいちごが積み重ねられた下のほうには、桃の香りが漂うムース!さらに爽やかな桃のアイスも添えられている。

デリシャスポイント


桃のムースと果肉の間には、苺クリームと三角形のキュートなパイ。
一皿で様々な食感と色々な味を楽しめる愉快なデザートである。

【グルメ探偵局】

 

案内図


東京都中央区銀座8-8-3
店名 資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店
公式HP https://parlour.shiseido.co.jp/shoplist/salondecafeginza/
住所 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3F
営業時間 火~土曜日 11:30~21:00 (L.O.20:30)
日曜日・祝日 11:30~20:00 (L.O.19:30)
定休日 月曜日(祝日は営業)
【グルメ探偵局】マイクリームミッケで自分だけのシュークリームを!

マイクリームミッケで自分だけのシュークリームを!

2016年6月の新発見①


 2016年6月17日、池袋にシュークリーム専門店「マイクリームミッケ」がオープン。
なんと好きなクリームを選んで自分だけのシュークリームを作ることができるという。
どんな風にオリジナルシュークリームが完成して行くのか早速体験してみることに。

【グルメ探偵局】※画像1 看板

※画像1 看板

 

体験報告


 到着したのはオープン翌日の20時頃。
夜でも何人かの列ができていた。

【グルメ探偵局】※画像2 オープニングセット

※画像2 オープニングセット

まだオープンしたてということで、オープニングセットというサービスセットが用意されている。
1500円で様々なフレーバーのシュークリームが6個楽しめるというもの。

【グルメ探偵局】※画像3 シュー生地

※画像3 シュー生地

列に並んでいる間はシュー生地を眺めたり、オリジナルトッピングをどうするか思案。

【グルメ探偵局】※画像4 シングルとダブル

※画像4 シングルとダブル

シュークリームはシンプルに1種類のクリームを味わうシングルと、贅沢に2種類のクリームを堪能するダブルがある。
さらにホイップクリームのトッピングも!

【グルメ探偵局】※画像5 ショーケース

※画像5 ショーケース

ズラリとカラフルなクリームが並んでいて、どれにしようか迷ってしまう。
中には変わりダネのクリームも。

 

実食報告


テイクアウトの場合は6個まで入る箱に包装されるのだが、なかなかパッケージのイラストがかわいい。

【グルメ探偵局】※画像6 パッケージ

※画像6 パッケージ

シュークリームは3つずつ2段にわかれて詰められている。

【グルメ探偵局】※画像7 シュークリーム3種

※画像7 シュークリーム3種

どのシュークリームにも自身が選んだクリームの札が付いているのでわかりやすい。

【グルメ探偵局】※画像8 カスタード&ティラミス

※画像8 カスタード&ティラミス

やはり最初は食べ慣れている定番の味から。
1番親しみやすいカスタードと、味の想像がしやすいティラミスをダブルにしてみた。

【グルメ探偵局】※画像9 たっぷりのダブルクリーム

※画像9 たっぷりのダブルクリーム

シューの上側をとってみると、2種類のクリームがたっぷり!
もう一度上側のシューをのせてから頬張ると、横からクリームがはみ出してくる。

【グルメ探偵局】※画像10 変わり種ダブル

※画像10 変わり種ダブル

変わり種に挑戦してみたいならストロベリーパンナコッタとメロンクリームソーダの組み合わせが色鮮やかでオススメ。
パステルピンクとグリーンがとてもキュート。

 

デリシャスポイント


もっともオススメなのはお気に入りのフレーバーにふわふわのホイップをトッピングするスタイル。
特に新クリームで人気のピーチメルバにホイップをのせるのが夏にぴったりの爽やかテイストでイチオシ。

【グルメ探偵局】※画像 ピーチメルバ

 

案内図


緯度経度で指定
店名 MY CREAM MIKKE(マイクリームミッケ)
公式HP http://www.mycreammikke.jp/
住所 東京都豊島区池袋1-1-36 池袋駅B1中央自由通路西口
営業時間 10:00〜22:00
【グルメ探偵局】茨城県の新品種いちご「いばらキッス」のパフェ!

茨城県の新品種いちご「いばらキッス」のパフェ!

1~3月の旬食材⑤


常連マダムからの依頼で、旬のいちごについての情報を引き続き集めている。

注目の新品種いちごを紹介しようと、今回は銀座にある「茨城マルシェ」を訪れることにした。

 

体験報告


 店に到着したのは13時半頃。
店内はほぼ満席で、ちょうど片づけをしている途中のテーブルに通されることになった。
しばらくレジ近くの椅子にかけて待機。

この店はランチタイムにサラダや惣菜類のバイキングを行っており、メインメニューを注文したのち、小皿に好きなだけ野菜をとって食べることができる。
そのため昼の時間は多くの人でにぎわっているのだ。

ちなみに人気メニューは味噌煮込みうどんや、納豆を使った定食。
惣菜のコーナーには大学芋が並ぶこともある。

 

実食報告


注文するメニューはあらかじめ決めていた。
茨城県の新品種いちご「いばらキッス」を使用したパフェだ。

【グルメ探偵局】※画像1 いばらキッスのパフェ

※画像1 いばらキッスのパフェ

このいちごは果皮が真っ赤で、可愛らしくもあり、情熱的にも感じる。
茨城マルシェのいばらキッスのパフェは苺の並べかたが独特で、こちらに迫ってくるような迫力がある。

【グルメ探偵局】※画像2 後ろから見た様子

※画像2 後ろから見た様子

そしてパフェを反対側から見てみると、正面とは全くことなる雰囲気なのも面白い。
後ろ側をみると、グラスの上のほうにはいちごアイスとバニラアイス、グラスの中にたっぷりホイップクリームが入っているのがよくわかる。

【グルメ探偵局】※画像3 パフェのアップ

※画像3 パフェのアップ

いばらキッスの特徴は、甘さだけでなく適度な酸味があり、とてもバランスのよい味わいだということ。
そしてとても濃厚でキレがある。

【グルメ探偵局】※画像4 いばらキッスのアップ

※画像4 いばらキッスのアップ

いばらキッスは開発に8年という歳月をかけ、1万種以上の中から選抜されて出来上がったいちご。
それを思いながら食べると、歴史と深みを感じる。

私からするといばらキッスはとても凛とした感じの味わいで、パフェ・ショートケーキ・かき氷などのいずれと合わせても、クリーム等の味に負けないコクがある。

 

デリシャスポイント


 茨城マルシェではいばらキッスのパックを購入して持ち帰ることも可能。
レッドパール・いちご狩りで人気の章姫・定番のとちおとめなどを交配して生まれたいばらキッスを自宅でじっくり味わうのも良いだろう。
とちおとめと食べ比べてみるのも面白いかもしれない。

【グルメ探偵局】※画像5 いばらキッスの販売コーナー

※画像5 いばらキッスの販売コーナー

沢山並んでいるなかから、自身の好みの形のものを選ぶと良い。
パフェにのっていたいちごよりも、一回り大きいものが並んでいることもあるのが嬉しい。

【グルメ探偵局】

 

案内図


東京都中央区銀座1-2-1
店名 茨城マルシェ Restaurant&Bar
公式HP http://ibarakimarche.com
住所 東京都中央区銀座1-2-1
営業時間 ・ランチタイム 11:00~17:00
・ディナータイム17:00~23:00
定休日 無休

 

依頼人からのコメント


madam

まぁ!いばらキッスという可愛らしい名前のいちごがあるのね!
知らなかったわ!真っ赤で美味しそう。
これは是非食べにいかなくちゃいけないわ。

え?価格は980円ですって。
それはとってもお得ね!

グルメ探偵さん、私とってもいばらキッスに興味が湧いてしまったわ。
良かったらいばらキッスを食べられる場所を他にも教えてくださらない?

to be continued

【グルメ探偵局】千疋屋の今だけ限定メニュー!いちご和風パフェ&大粒苺フェア!

千疋屋の今だけ限定メニュー!いちご和風パフェ&大粒苺フェア!

1〜3月の旬食材④


 常連マダムの依頼で、2月も各地でいちごメニューを探し歩いている。
薫りにこだわりがありそうなマダムのために、新品種の香り高いいちごを使用したパフェを見つけてみることにした。

そして今回訪れたのが京橋千疋屋。
現在はどの店舗ての苺フェアと大粒苺フェアが開催中だ。

 

体験報告


事前にいつくかの店舗に電話をかけてみたところ、常時複数の品種を扱っている京橋本店へ向かうことにした。

【グルメ探偵局】※画像1 外観

※画像1 外観

10時45分頃の到着だったが、モーニング利用の客で半分くらいの席が埋まっていた。
奥の4名がけの席へ通され、じっくりといちごのメニューだけを眺めた。

【グルメ探偵局】※画像2 店内風景

※画像2 店内風景

この店は予約も可能で、お昼前になると予約席の札が置かれた席が増えていく。

【グルメ探偵局】※画像3 大粒苺フェアメニュー

※画像3 大粒苺フェアメニュー

大粒苺フェアのメニューは大粒苺パフェ・大粒苺ワッフル・大粒苺サンドウィッチの3種。
いずれもハーフサイズを注文することも可能だが、その場合はフルサイズと同じ価格でセットドリンクが付くというスタイル。

【グルメ探偵局】※画像4 チャリティーメニュー

※画像4 チャリティーメニュー

メニューブックの最初のページには、チャリティーメニューと通常サイズの苺フェアのメニューがのっている。

 

実食報告


今回は大粒苺と通常サイズのいちごを食べ比べて見たかったため、2種類のパフェをオーダーすることにした。

【グルメ探偵局】※画像5 2種のパフェ

※画像5 2種のパフェ

注文したのは「いちごの和風パフェ」と「大粒苺のパフェ」だが、どちらにも共通して同じいちごが1種のせられていた。

【グルメ探偵局】※画像6 いちごの和風パフェ

※画像6 いちごの和風パフェ

最初に食べ始めたのはいちごの和風パフェ。
東日本大震災の復興支援チャリティーメニューで、京橋本店と表参道原宿店のみで提供されている限定メニュー。
売り上げの一部(10%)が義援金として日本赤十字へ寄付される。

【グルメ探偵局】※画像7 抹茶あんみつ風のパフェ

※画像7 抹茶あんみつ風のパフェ

このパフェはいちご抹茶あんみつといった感覚。
こちらはパフェを後ろから撮影したもの。

【グルメ探偵局】※画像8 和風パフェの中身

※画像8 和風パフェの中身

トップには抹茶のアイスなどがあり、中には黒蜜やあずきが入っているのだ。
しかしながら千葉県産の紅つやかといういちごの酸味と甘みの存在感もある。
今までにないパフェに出会うことができた喜びは大きい。

【グルメ探偵局】※画像9 大粒苺のパフェ

※画像9 大粒苺のパフェ

大粒苺のパフェは日によって使用する苺の品種が変わる。
本日はあまおう・紅つやか・清香などがあったそうだが、その中から小さ目の清香と大粒の紅つやかが登場。

【グルメ探偵局】※画像10 大粒の紅つやか

※画像10 大粒の紅つやか

甘味と酸味のバランスがよく、コクのある味わいの紅つやか。
小粒の紅つやかは抹茶アイスにも負けない濃厚な味で、大粒の紅つやかは少しまろやかで、果皮はやわらかくジューシーだった。

 

デリシャスポイント


 一番印象に残ったのは、なんといっても清香の個性的な香り。
果肉の中のほうは白っぽく、とってもフルーティーな香りが口の中いっぱいに広がる。
甘味もかなり強く、何もつけずにそのまま何粒も食べ続けたくなるテイスト。

【グルメ探偵局】※画像11 スプーンに乗せた紅つやか

※画像11 スプーンに乗せた紅つやか

この時期の千疋屋のいちごパフェは、どこの店舗にいつ訪れるかによって出会うことのできる品種がかわる。
アイベリーやきらぴ香、スカイベリーを提供していることもある。

【グルメ探偵局】※画像12 ショコラフレーズ

※画像12 ショコラフレーズ

特選いちごにスイートチョコ&ホワイトチョコレートをコーティングした、ショコラフレーズも今の時期の人気アイテム。
バレンタインの贈り物としても喜ばれそうだ。

ちなみにこの商品も、あまおうやとちおとめなどその時々で違う品種を使用している。

 

案内図


東京都中央区京橋1-1-9
店名 京橋千疋屋 京橋本店
住所 東京都中央区京橋1-1-9
営業時間

月 8:00~18:00(※ラストオーダー 17:30)
フルーツバイキング開催のため、18:00まで
火~金 8:00~21:00(※ラストオーダー 20:30)
土日祝 9:30~18:00(※ラストオーダー 17:30)

定休日 年末年始

 

依頼人からのコメント


madam

美味しいいちごパフェを食べて、復興支援チャリティーにも協力できるとは素敵なメニューね!
和風パフェというのも魅力的だわ。

清香という個性的な香りのいちごにもとても興味が湧いたわ。
きっと上品な味わいなのでしょうね。

探偵さん、私が知らないいちごの品種をもっと教えて頂きたいわ。

to be continued

【グルメ探偵局】

ハート型の白いちごが可愛い!タカノフルーツパーラーの初恋の香りパフェ

1〜3月の旬食材②


今月の旬食材いちご。

依頼人の希望でいちごを使用したときめくスイーツを探している。

そこで今回は近年人気が急増している白いちごに注目。
初恋の香りという名の白いちごを使用したパフェを提供している新宿のタカノフルーツパーラーへむかった。

 

体験報告


今回訪問したのはタカノフルーツパーラーの新宿本店。
平日の11時半頃に到着すると、まだ窓際の広い席も空いていた。

【グルメ探偵局】※画像1 レジ前のショーケース

※画像1 レジ前のショーケース

ショーケースには旬のフルーツの見本が並べられている。
紅ほっぺの横に、今回のお目当ての白いちごも置かれていた。

【グルメ探偵局】※画像2 苺のダブルショートケーキ

※画像2 苺のダブルショートケーキ

そして見本のいちごの右横にはとても大きなサイズの苺のショートケーキが!
ダブルショートケーキはこの季節の人気メニューの1つ。

【グルメ探偵局】※画像3 ミニフルーツミックスジュース

※画像3 ミニフルーツミックスジュース

入店する際にレジ横にあったパンプレットを手に取り、席に座ってすぐにそれをパラパラとめくっているとあるものを発見。
JAF会員限定のサービスだ。

会員証を提示するとミニフルーツミックスジュースがもらえるサービスで、1グループ全員が対象人数。

 

実食報告


今回オーダーしたのは「スカイベリーと初恋の香りのパフェ」。

栃木の新品種いちごのスカイベリーと、ほんのりピンクにそまったキュートな白いちごの組み合わせ。
初恋の香りという名前がぴったりのいちごだ。

【グルメ探偵局】※画像4 スカイベリーと初恋の香りのパフェ

※画像4 スカイベリーと初恋の香りのパフェ

白いちごはハート型にカットされている!
見ているだけでキュンとしてしまう恋するパフェ。
食べるのがもったいなく思う女子もいるだろう。

【グルメ探偵局】※画像5 メニュー

※画像5 メニュー

新宿高野創業130周年コラボメニューとして「栃木県産スカイベリーのパフェ」も期間限定で登場。

白いちごよりも、いちご王国とちぎのプレミアムいちごを沢山食べてみたいという人にはこちらがオススメ。

 

デリシャスポイント


スカイベリーオンリーのパフェも、スカイベリーと初恋の香りのパフェも、どちらもいちごやクリームの下には苺のシフォンケーキが入ってる。

ひんやりスイーツの中からほわほわの生地がでてくるとなんだかほっこりした気分になれる。

【グルメ探偵局】※画像 苺のシフォンケーキ

 

案内図


東京都新宿区新宿3-26-11
店名 タカノフルーツパーラー新宿本店
公式HP http://takano.jp/parlour/shinjuku/
住所 東京都新宿区新宿3-26-11 5F
営業時間 11:00AM〜9:00PM(ラストオーダー8:30PM)

 

依頼人からのコメント


madam

ハート型にカットされた白いちごですって!?
写真を見ているだけでときめいてしまうわ。

グルメ探偵さん、同じくらいかわいい苺スイーツをもっともっと紹介してちょうだい!

to be continued

【グルメ探偵】

サンタが可愛いパンケーキ

12月の限定メニュー①


今月しか食べることのできないメニューを求めて今回は江戸川区の篠崎へ。
駅の北口を出て、閑静な住宅街を7分ほど進むとまわりの雰囲気とはことなったかわいらしいカフェが見えてくる。
そこが「Cafe Ange(カフェ アンジェ)」だ。

【グルメ探偵】※画像1 外観

※画像1 外観

 

体験報告


平日の10時50分頃に到着し、店内へ入ると好きな席に座るよう促される。
既に先客が1名奥の席に座っていた。

【グルメ探偵】※画像2 店内風景

※画像2 店内風景

外観同様、店内もかわいらしい雰囲気。
シャンデリアも素敵で、女性一人でも入りやすい空間。

【グルメ探偵】※画像3 クリスマスメニュー

※画像3 クリスマスメニュー

お目当てのメニューは12月限定のクリスマス仕様のパンケーキ。
通常パンケーキは3枚で1000円だが、2枚で950円も選択可能。

【グルメ探偵】※画像4 ランチメニュー

※画像4 ランチメニュー

店は10時半オープンで、11時半からランチメニューがスタートする。
ランチ目的の場合は間違えて11時頃に入店してしまわぬよう注意が必要。

なお、ふわふわ食感の天使のパンケーキは14時半~17時限定のメニューなので、こちらもしっかり時間を確認してから訪れることだ。

【グルメ探偵】画像5 ディナーメニュー

画像5 ディナーメニュー

ブレンドコーヒーはおかわり自由ということで、ドリンクはブレンドをオーダー。
しかし15分過ぎてもでてくる気配がない。
そこでディナーメニューや物販スペースをゆっくり眺めることにした。

【グルメ探偵】※画像6 物販

※画像6 物販

窓際の物販スペースにはクリスマスへ向けて雪だるまやトナカイのグッズ等が並んでいた。

【グルメ探偵】※画像7 珈琲羊羹

※画像7 珈琲羊羹

そしてふと気になるものを発見!
珈琲羊羹なるものが販売されていた。
このスイーツは店内で食すこともでき、その場合ほうじ茶とセットにすることも。

 

実食報告


20分ほどでブレンドが提供され、さらに数分経つとお目当てのクリスマスパンケーキが登場。

【グルメ探偵】※画像8 「クリスマスパンケーキ(1000円)」

※画像8 「クリスマスパンケーキ(1000円)」

いちごで作られたサンタクロースがとても可愛らしい。
いちごやブルーベリーはパンケーキの周りにも散りばめられベリー尽くしの一皿。

【グルメ探偵】※画像9 クリスマスパンケーキ裏側

※画像9 クリスマスパンケーキ裏側

裏からみるとたっぷりのクリームやアイスが2種乗せられていることがよくわかる。

【グルメ探偵】※画像10 クリスマスパンケーキ横側

※画像10 クリスマスパンケーキ横側

ソースはベリーのソースとホワイトのソースの2色。
シルバーのアラザンがクリスマスらしさを演出。
アイスの下にはシナモンの香りが漂うビスケットも。

【グルメ探偵】※画像11 ホワイトのソース

※画像11 ホワイトのソース

上のほうにかかっているホワイトのソースはデコレーションされたあとすぐアイスやフルーツによって冷やされパリパリに!
ホワイトチョコ好きには嬉しいテイスト。

【グルメ探偵】※画像12 いちごのサンタ

※画像12 いちごのサンタ

この愛らしいサンタは食べるのがもったいないと思う女性も多く、皿の端のほうによけておいたままパンケーキを先に食べる人もいる。
最後の一口にとっておくのも良いだろう。

 

注目ポイント


物販コーナーの隣にはこの店の過去のメニューのデータや写真がファイルやアルバムにまとめられている。

【グルメ探偵】※画像13 季節のメニュー過去集※画像13 季節のメニュー過去集

パンケーキの出来上がりを待っている間にゆっくり今までの作品を見ていくのも面白い。

【グルメ探偵】※画像14 2013年のアルバム

※画像14 2013年のアルバム

季節ごとに足を運ぶ常連が多いというのもわかる気がした。

 

案内図


東京都江戸川区篠崎町7-2-7
店名 Cafe Ange(カフェ アンジェ)
公式HP http://cafeange.com/
住所 東京都江戸川区篠崎町7-2-7 イーストエンジェルAoyama 1階
営業時間 OPEN 10:30
LunchTime 11:30~14:30
TeaTime 14:30~17:00(天使のパンケーキはこの時間のみ)
BarTime 18:00~23:00(L.O.22:00)
※パンケーキの注文は、11:00より
定休日 月曜日、第3火曜日(バータイムは火曜日全休)

 

依頼人からのコメント


madam

なんて愛らしいパンケーキなのでしょう!
今しか食べられないメニューとなると急いで行かなくてはいけないわね。

グルメ探偵さん、まだ他にも今月しか食べることのできないクリスマススイーツはあるかしら?

to be continued

【グルメ探偵】

スライムパンケーキが現れた

11月のターゲット
パンケーキ⑤


依頼人の希望はユニークで男性でもワクワクできるようなパンケーキ。
その依頼にこたえるためにやってきたのは東新宿の「ARTNIA(アルトニア)」。
スクウェア・エニックスのキャラクターに囲まれて食事をすることができる面白い店。

【グルメ探偵】

※画像1 外観

店の外観を眺めているだけでもなんだかワクワクしてしまう。
この中に一体どんな空間が広がっているのか考えるとドキドキだ。

 

体験報告


入り口に入る前のウィンドーの中にはたくさんのキャラクターたちの姿が!

【グルメ探偵】※画像2 入り口横のウィンドー

※画像2 入り口横のウィンドー

クリスマスにむけてサンタの帽子をかぶっているものが多い。

【グルメ探偵】※画像3 店内風景

※画像3 店内風景

店内は17時をすぎるとディナータイムとなり、照明が蛍光灯からキャンドルに変わる。

日曜の19時過ぎの来店で先客は2名で食事を楽しんでいる人が3組とおひとりさまが2名。

【グルメ探偵】※画像4 トイレ前

※画像4 トイレ前

先に化粧室を利用しようとむかってみると、目の前には大きなサボテンダー!

店内のいたるところにドラゴンクエストやファイナルファンタジーのキャラクターがいるのだ。

【グルメ探偵】※画像5 物販スペース

※画像5 物販スペース

お土産用のクッキー缶やぬいぐるみ等のグッズ販売をしているスペースもあり、中にはこの店でしか購入することのできない限定モノも。

 

実食報告


今回は2種類のパンケーキとアイスティーをオーダー。
パンケーキとセットの場合+300円でドリンクをつけることができる。

【グルメ探偵】※画像6 アイスティーとコースター

※画像6 アイスティーとコースター

ドリンクを注文した場合にはオリジナルコースターがセットに。
さらにドラクエのキャラのものか、FFキャラのものかを選ぶことも可能。

【グルメ探偵】※画像7 「スライムパンケーキ(1010円)」

※画像7 「スライムパンケーキ(1010円)」

そしてなんと!
スライムパンケーキがあらわれた!

どうする?
コマンドをみるとたべるを発見!

【グルメ探偵】※画像8 横から見た様子

※画像8 横から見た様子

パンケーキは3枚重ねで、1番上のものだけスライムの顔が描かれている。

バナナやベリーなどのフルーツ、そしてホイップとチョコソースが添えられ、さらにバターとメープルが別添えに。

【グルメ探偵】※画像9 チョコプレート

※画像9 チョコプレート

茶色のチョコプレートをよく見て裏返すと、ミルクチョコレートではなくホワイトチョコレートだった。

このプレートが添えられているパンケーキはファンにはたまらない演出なのだろう。
多くの人が写真撮影を行っている。

 

デリシャスポイント


 現在12月25日までのクリスマス限定メニューが登場している。
そのうちの1つがこの「クリスマスパンケーキ」。

【グルメ探偵】※画像10 「クリスマスパンケーキ(1280円)」

※画像10 「クリスマスパンケーキ(1280円)」

ソフトな3枚のパンケーキの上にはたっぷりのクリーム。
そして大き目ないちごもふんだんに使用されている。

【グルメ探偵】※画像11 カットした状態

※画像11 カットした状態

ナイフを入れてみると、パンケーキの合間にもスライスいちごが並べられている。
ストロベリーソースやホワイトチョコも散りばめられており、見た目はまるでクリスマスケーキのよう。

デコレーションケーキのようにボリュームもあるので2人でシェアして食べるのもオススメ。

この他にローストチキンやズワイガニを使用したパスタもクリスマスメニューとして期間限定で提供されている。

【グルメ探偵】※画像(一口サイズにきってあるもの)

 

案内図


緯度経度で指定
店名 ARTNIA(アルトニア)
公式HP http://www.jp.square-enix.com/artnia/
住所 東京都新宿区新宿6-27-30
新宿イーストサイドスクエア1F
営業時間 11:00~22:00(フードL.O 21:00、ドリンクL.O 21:30) 
定休日  年末年始

 

依頼人からのコメント


salaryman

スライムパンケーキに、クリスマスパンケーキ!
どちらも夢があってとってもワクワクします!
特に僕はやっぱりスライムがグッときました。

グルメ探偵さん。11月の間ずっとパンケーキを探し続けてくれてありがとうございました。
探偵さんがすすめてくれた場所に彼女と行ってきます!

もしかしたら今回のことをきっかけに、僕自身がパンケーキマニアになってしまうかもしれませんね!

Mission complete

【グルメ探偵】スプーンでクリームをすくっているもの

ジューシーなリンゴのかき氷

11月の旬食材②


りんごの香りを楽しめるメニューを求めて、今回は池袋の街へ。
果物がもつ美味しさを最大限に活かしてかき氷を作っている店があるのだ。
店名は『HACHIKU(ハチク)』。

【グルメ探偵】※画像1  店頭の黒板

※画像1 店頭の黒板

この店はフルーツ屋からスタートした店であり、旬のフルーツや日光天然氷を使用したかき氷を味わうことができる。

 

体験報告


かき氷のメニューは日々変化するため、毎日Instagram等で本日のメニューを発表している。

人気のあるメニューはすぐ完売してしまうこともあるため、どうしても食べたいメニューがある場合はオープン時刻に合わせて来店すると良いだろう。

 

【グルメ探偵】※画像2 店内風景

※画像2 店内風景

ドラム缶のテーブルやゆっくり座れる長椅子の席がある。
店内の温度はかき氷を食べている間に身体が冷えないよう若干高め。

【グルメ探偵】※画像3 カウンター席

※画像3 カウンター席

かき氷の写真を綺麗に撮影したいならカウンター席がオススメ。
テーブルの高さもちょうどよく、窓に近い席なら日差しも良い感じだ。

 

実食報告


来店したのは平日の13時頃。
ちょうどタイミングよくリンゴのメニューを提供している日だった。

先客はカウンターに2名、ドラム缶に2名、長椅子に1名。
まずは受付で注文と会計を済ませた上で席に座って出来上がりを待つというスタイル。

【グルメ探偵】※画像4 「おリンゴリンゴ」

※画像4 「おリンゴリンゴ」

オーダーしたのは「おリンゴリンゴ」というメニューでSサイズで700円。【グルメ探偵】

※画像5 注文直後の黒板メニュー

さらにプラス100円を払って日光天然氷に変更。
数量限定でのサービスなので天然氷を食べたい場合は早めに来店したほうが良い。

このメニューはリンゴにみるくを合わせるか、ヨーグルトを合わせるかチョイスできるのだが今回はヨーグルトを選択。

まずはクリームやヨーグルトのかかっていないリンゴ味の部分だけを食べると、なんだかとても懐かしいテイスト。
風邪をひいたときによく食べたすりおろしリンゴのような感覚なのだ。
さっぱりとしていて身体に優しい味わい。

 

デリシャスポイント


この店のかき氷の特徴の1つであるたっぷりのクリームが多くの人を魅了している。

このりんごのかき氷もクリームの存在感が大きく、氷でありながら西洋のドルチェのような気分を味わうことができる。

【グルメ探偵】※画像 スプーンでクリームをすくっているもの

 

案内図


東京都豊島区西池袋3-32-6
店名 『HACHIKU(ハチク)』
住所 東京都豊島区西池袋3-32-6 藤栄ビル 1F
営業時間 12:00~20:00(売り切れ次第終了)
定休日 不定休(※Twitterでお知らせあり)
Twitter https://twitter.com/TomMarche

 

依頼人からのコメント


madam

私は最近流行りのクリーム系のかき氷って食べたことがなかったのだけど、このお店のフルーツ果汁との組み合わせは是非一度体験してみたいわ。

グルメ探偵さん、りんごと香りを楽しめるスイーツはまだ他にもあるかしら?

to be continued

【グルメ探偵】視覚でKO!揺れるパンケーキ

視覚でKO!揺れるパンケーキ

11月のターゲット
パンケーキ③


依頼人の今回の希望はクリームたっぷりのパンケーキ。
感動的な味を紹介すべく、以前下町の超人気店「茶香」へ訪れたときのことを報告することにした。

実はこの店のパンケーキはそう簡単に食すことができない。
とてつもない人気ぶりで行列必至!
今や土日は整理券をGETしなければお目にかかることのできない幻のパンケーキと化しているのだ。

 

体験報告


「茶香」の整理券の列は近隣の店などに迷惑のないよう9時からスタート。
実際に整理券の配布が始まるのは10時からなのだが、パンケーキマニアは9時ちょうどをめがけてやってくる。

【グルメ探偵】※画像1 外観

※画像1 外観

土曜日の8時52分頃に店前に到着すると列はまだできていないものの、読書をしながら立ちつくしている女性やすぐ近くのセブンイレブンで待機している学生の姿が。

その後、8時58分頃から自然と店頭に人が集まり始め列ができた。
9時になると店のスタッフが外に現れ、先着4名までは店前の椅子に座れる。

【グルメ探偵】※画像2 メニュー表とブランケット

※画像2 メニュー表とブランケット

椅子に座ることができた先着客にはメニュー表と寒さ対策のブランケットが手渡される。
9時~10時の間はメニューをじっくり眺め、しっかり防寒しながらじっと我慢。

【グルメ探偵】※画像3 注意書き

※画像3 注意書き

メニューブックの最初には注意書きも書いてある。
この店のパンケーキは1度に4名分しか焼き上げることができず、焼き上がりに20分かかるとのこと。

【グルメ探偵】※画像4 整理券

※画像4 整理券

この日は運よく2番の整理券をGET!
番号をもらうタイミングで頼みたいメニューをあらかじめ伝えるスタイル。

店のオープンは11時からで、番号が早い人は10時45分頃に再集合。
ちなみに10時の配布時、整理券を待って並ぶ人は30名ほどいた。

【グルメ探偵】※画像5 カウンター席

※画像5 カウンター席

アットホームな雰囲気の店内。
訪れたのがハロウィン時期だったため、カウンター席にはかわいらしいパンプキンの人形などが飾られていた。

【グルメ探偵】※画像6 店内風景

※画像6 店内風景

私はテーブル席に通されたのだが、後ろを振り返ると壁や天井にもステキな装飾。

 

実食報告


パンケーキが焼きあがるまでの間に、まずはドリンクが運ばれる。

【グルメ探偵】※画像7 アッサムティー

※画像7 アッサムティー

ティーカップには「珈琲 茶香」のマークであるかわいい三日月が描かれている。

【グルメ探偵】※画像8 手前「星(あかり)」奥「かぼちゃんパンケーキ」

※画像8 手前「星(あかり)」奥「かぼちゃんパンケーキ」

オーダーしたパンケーキの1つ目は、茶香で人気ナンバーワンの「かぼちゃんパンケーキ」。
こちらはハロウィン時期の土日祝期間限定メニュー。
この店ではシーズンにより異なる限定メニューが土日祝のみ登場する。

かぼちゃんパンケーキは生地の作りが他の種類のパンケーキと違い、えびすかぼちゃを練りこんだもちもちした食感が特徴。

手前の「星(あかり)」は通常メニューの中でとても人気があり、見た目だけでノックアウトされる迫力!
提供時、お皿の上のパンケーキがぷるぷると揺れており、生乳クリームが流れる様に圧倒される。

【グルメ探偵】※画像9 横から見た様子

※画像9 横から見た様子

キャラメルソースやクラッシュパイが散りばめられた美しいパンケーキ。
このパンケーキが登場すると、どのテーブルでも笑顔と歓声が溢れる。

【グルメ探偵】※画像10 クリームの下に隠れるバナナ

※画像10 クリームの下に隠れるバナナ

たっぷりの生乳クリームで一見わからないが、実はクリームの下には熟した大き目カットのバナナが埋まっている。

 

デリシャスポイント


最大の魅力はやはり生地。
ぷるぷるで、口の中に運ぶとふわっと消えてゆく幻のパンケーキ。
2時間以上待ってやっと巡り合えるパンケーキだが、ほとんどの客が5~10分でペロリと完食してしまう。

【グルメ探偵】※画像(切ったパンケーキ)

 

案内図


東京都足立区千住1−24−8
店名 茶香(ちゃか)
公式HP http://coffee-chaka.jimdo.com/
住所 東京都足立区千住1−24−8
営業時間 11:00~パンケーキ完売時終了
定休日 月曜日(祝日の場合、翌火曜日)+不定休あり

 

依頼人からのコメント


salaryman

うわ~!揺れるパンケーキ!
実際に目の前で見てみたい!

甘いものが苦手な僕でも美味しそう!と思ってしまうほどのフォルム。
これは彼女に食べさせてあげたい!!!

グルメ探偵さん、このパンケーキを超えるオススメのパンケーキはあるのでしょうか?

to be continued

 

【グルメ探偵】クリスマスツリー風パフェ!

クリスマスツリー風パフェ!

11月の限定メニュー②


今月食べることができる限定メニューを求めて次はどの街へむかうか考えていたところ、ふと浦和のうなこちゃんのことが思い浮かんだ。

うなこちゃんの石像が持ち去られるという事件をつい最近ニュースで見たが、一体今うなこちゃんはどうなっているのだろう…

【グルメ探偵】※画像1 浦和駅前のうなこちゃん

※画像1 浦和駅前のうなこちゃん

自然と足がむき浦和駅前に降り立ってみると、駅前のうなこちゃん像の握っているうちわに「うなこちゃん 帰るのを待ってます」というメッセージが。

せっかく浦和にやってきたのだから、うなこちゃんの帰りを祈りながら浦和の絶品スイーツを食べよう。

そして浦和で大人気の『アカシエ・サロン・ド・テ』を訪れた。

【グルメ探偵】※画像2 外観

※画像2 外観

 

体験報告


 浦和駅から歩いて15分ほどの静かな場所にあるオシャレなサロン。
祝日の12時頃入店すると、空席はカウンターに1席のみ。
タイミングよく2組の客が退店することになり、席の準備ができるまでレジ前で待つことに。

【グルメ探偵】※画像3 レジ前の椅子

※画像3 レジ前の椅子

テーブルが綺麗に片付いてからもランチ利用客へのサーブを優先しており、思ったよりも待ち時間は長かった。

【グルメ探偵】※画像4 クリスマス装飾

※画像4 クリスマス装飾

椅子に座って店内を眺めているとクリスマスの装飾が至る所にあり、なんだかとても和んだ。

【グルメ探偵】※画像5 カウンター

※画像5 カウンター

その後、私は入り口に一番近い2名用テーブルに通された。
カウンター席の場合は目の前でパフェが出来上がっていく様子などを見ることができる。

【グルメ探偵】 ※画像6 天井装飾

※画像6 天井装飾

クリスマスの装飾は天井からも。トナカイや星等の飾りがキラキラ輝いて美しい。

店内の様子を眺めているとスタッフが待ち時間があったことについてお詫びの言葉を丁寧に語り、この店の接客対応の素晴らしさを実感した。

 

実食報告


 今回見つけた限定メニューは12月15日12月13日まで提供されるクリスマスメニュー「クープ・ノエル」。
クリスマスツリーに見立てたパフェだ。

【グルメ探偵】※画像7 「クープ・ノエル(1550円)」

 

※画像7 「クープ・ノエル(1550円)」

グリーンのクリームの正体はピスタチオクリーム。
モミの木の形を上手にあらわしており、周りのデコレーションにもこだわっている。

【グルメ探偵】※画像8 クープ・ノエルと店内風景

※画像8 クープ・ノエルと店内風景

少し遠目から見るとホンモノのツリーのよう。
店内装飾ともマッチしている。

【グルメ探偵】※画像9 星型のチョコレート

※画像9 星型のチョコレート

トップにある星もちゃんと食べることができる。
実はチョコレートでできているのだ。
左後ろに見えているのはアールグレイティー。

【グルメ探偵】※画像10 カモミールのアイスクリーム

※画像10 カモミールのアイスクリーム

ピスタチオのクリームを食べ進めていくと、最初に中から登場するのはカモミールのアイスクリーム。
その香りにとても癒される。

 

デリシャスポイント


 このツリーパフェの魅力はなんといっても様々な食材の食感。
カモミールアイスの下には真っ赤なミックスベリーのソルベ、そしてその奥からはふわふわの生地やホワイトチョコレートが!

さらに食べ進めていくとパリパリのパイまで!
ラストにはすっきりとしたバニラのジュレが登場。
何層にも美味しさが重なっている逸品だ。

クリスマスツリーの飾りつけの1つとして大粒のいちごが乗せられているのもいちご好きには嬉しい演出。

なんだかクリスマスツリーとクリスマスケーキを同時に愉しむことができたように思える。

【グルメ探偵】※画像(ホワイトチョコが見えている写真)

 

 

案内図


埼玉県さいたま市浦和区高砂4-4-19
店名 アカシエ・サロン・ド・テ
公式HP http://www.acacier.com/salon/index.html
住所 〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-4-19
営業時間 11:00~17:00(16:30 L.O.)
ランチ 11:00~14:00( L.O.)
定休日 水曜定休(祝日の場合は変動あり)

依頼人からのコメント


madam

まぁ!なんて素敵なの!
こんなにもクリスマスツリーそっくりに仕上がったパフェは見たことがないわ!
これは是非期間中に食べに行かなくては。

グルメ探偵さん。
これからも私が今まで見たことのない珍しいメニューをどんどん教えてちょうだいね。