【グルメ探偵局】マイクリームミッケで自分だけのシュークリームを!

マイクリームミッケで自分だけのシュークリームを!

2016年6月の新発見①


 2016年6月17日、池袋にシュークリーム専門店「マイクリームミッケ」がオープン。
なんと好きなクリームを選んで自分だけのシュークリームを作ることができるという。
どんな風にオリジナルシュークリームが完成して行くのか早速体験してみることに。

【グルメ探偵局】※画像1 看板

※画像1 看板

 

体験報告


 到着したのはオープン翌日の20時頃。
夜でも何人かの列ができていた。

【グルメ探偵局】※画像2 オープニングセット

※画像2 オープニングセット

まだオープンしたてということで、オープニングセットというサービスセットが用意されている。
1500円で様々なフレーバーのシュークリームが6個楽しめるというもの。

【グルメ探偵局】※画像3 シュー生地

※画像3 シュー生地

列に並んでいる間はシュー生地を眺めたり、オリジナルトッピングをどうするか思案。

【グルメ探偵局】※画像4 シングルとダブル

※画像4 シングルとダブル

シュークリームはシンプルに1種類のクリームを味わうシングルと、贅沢に2種類のクリームを堪能するダブルがある。
さらにホイップクリームのトッピングも!

【グルメ探偵局】※画像5 ショーケース

※画像5 ショーケース

ズラリとカラフルなクリームが並んでいて、どれにしようか迷ってしまう。
中には変わりダネのクリームも。

 

実食報告


テイクアウトの場合は6個まで入る箱に包装されるのだが、なかなかパッケージのイラストがかわいい。

【グルメ探偵局】※画像6 パッケージ

※画像6 パッケージ

シュークリームは3つずつ2段にわかれて詰められている。

【グルメ探偵局】※画像7 シュークリーム3種

※画像7 シュークリーム3種

どのシュークリームにも自身が選んだクリームの札が付いているのでわかりやすい。

【グルメ探偵局】※画像8 カスタード&ティラミス

※画像8 カスタード&ティラミス

やはり最初は食べ慣れている定番の味から。
1番親しみやすいカスタードと、味の想像がしやすいティラミスをダブルにしてみた。

【グルメ探偵局】※画像9 たっぷりのダブルクリーム

※画像9 たっぷりのダブルクリーム

シューの上側をとってみると、2種類のクリームがたっぷり!
もう一度上側のシューをのせてから頬張ると、横からクリームがはみ出してくる。

【グルメ探偵局】※画像10 変わり種ダブル

※画像10 変わり種ダブル

変わり種に挑戦してみたいならストロベリーパンナコッタとメロンクリームソーダの組み合わせが色鮮やかでオススメ。
パステルピンクとグリーンがとてもキュート。

 

デリシャスポイント


もっともオススメなのはお気に入りのフレーバーにふわふわのホイップをトッピングするスタイル。
特に新クリームで人気のピーチメルバにホイップをのせるのが夏にぴったりの爽やかテイストでイチオシ。

【グルメ探偵局】※画像 ピーチメルバ

 

案内図


緯度経度で指定
店名 MY CREAM MIKKE(マイクリームミッケ)
公式HP http://www.mycreammikke.jp/
住所 東京都豊島区池袋1-1-36 池袋駅B1中央自由通路西口
営業時間 10:00〜22:00
【グルメ探偵局】スープ餃子専門店!?目黒「Dumpling」で今だけ限定半額餃子!

スープ餃子専門店!?目黒「Dumpling」で今だけ限定半額餃子!

2016年5月の新発見①


 2016年5月9日、目黒駅から徒歩1分の場所に日本初のスープ餃子専門店「Dumpling(ダンプリン)」が登場!
なんと15日までの期間限定で全スープ餃子メニューが半額という情報を得て、早速来店することに。

【グルメ探偵局】※画像1 グランドオープンの広告

※画像1 グランドオープンの広告

 

体験報告


 開店時刻の11時を目標に店へとむかい、10時54分に店前に到着。
列などは特にできていなかった。

【グルメ探偵局】※画像2 外観

※画像2 外観

グランドオープンしたばかりということで店頭にはたくさんの花が。
開店までの5分の間に入り口にあるメニューをじっくり眺めた。

【グルメ探偵局】※画像3 店内風景

※画像3 店内風景

店内に入るとすぐにスープが入っている鍋がズラリ。
スープを入れるカップもびっしり並んでおり、どことなくスープストックを連想させる。

【グルメ探偵局】※画像4 テーブル席

※画像4 テーブル席

まずはレジで注文と会計を済ませ、番号札を受け取って好きな席へ座って待つというスタイル。
現在オープン記念のサービスで半額で餃子を味わえるのだが、半額になるのは単品の商品のみ。
セットメニューは通常料金のままなので注意が必要だ。

実食報告


 スープはレジ横の鍋に並んでいるが、実は餃子は奥で丁寧に茹で上げられている。
そのため時間帯によっては提供までに5〜10分かかることもあるらしい。

【グルメ探偵局】※画像5 濃厚鶏白湯スープ餃子

※画像5 濃厚鶏白湯スープ餃子

せっかく半額ということでできるだけ多くの種類を体験してみたい。
そこで今回は10種あるスープ餃子の中から3種をチョイス。
サイズはS・M・Lとあるので、全てSサイズで注文した。

最初に口にしたのは鶏白湯スープ餃子。
濃厚でありながらも優しい味わいで、意外とあっさり食べ進められる。
数種類のメニューを体験するならまずはコレから食べると良いかもしれない。

【グルメ探偵局】※画像6 ホタテとアサリのクラムチャウダースープ餃子

※画像6 ホタテとアサリのクラムチャウダースープ餃子

クラムチャウダースープ餃子はクリーム仕立てのスープ餃子だが、これも想像していたものよりスッキリしている。

もしかするとどのスープも餃子の味をしっかり感じるためにシンプルに仕上げているのかもしれない。
濃厚な味わいを好むならパルメザンチーズをトッピングするのもアリだろう。

【グルメ探偵局】※画像7 ベーコンとチーズのオニオンスープ餃子

※画像7 ベーコンとチーズのオニオンスープ餃子

最後に食べたのはオニオングラタンスープのようなスープ餃子。
思っていたよりも具が多く、玉ねぎもベーコンもドッサリ。
さらにブロッコリーも入っていて彩りも良かった。

 

デリシャスポイント


 もっとも魅力を感じたのはスープよりも餃子そのもの。
ニンニクとニラを使わず、全粒粉の皮で包んだユニークな餃子はとてもヘルシー!

遅めの朝食やランチとしても楽しめる身体に優しい新感覚餃子は年齢性別とわず親しまれそうだ。

【グルメ探偵局】※画像 餃子の断面

 

案内図


東京都品川区上大崎2丁目17-4
店名 Dumpling(ダンプリン)
公式HP http://dumpling.tokyo/
住所 東京都品川区上大崎2丁目17-4 美都ビル1F
営業時間 11:00〜23:00
定休日 年中無休

 

カラフルな苺ソフト!チョコットミルクバーのモフモフベリーベリー

カラフルな苺ソフト!チョコットミルクバーのモフモフベリーベリー

1〜3月の旬食材①


この探偵局の常連マダムからの依頼で、今月はあらゆる苺メニューを追いかけることに。

手始めにやってきたのは武蔵小杉の「Chocott Milk Bar (チョコットミルクバー)」。
グランツリー武蔵小杉の1階にあるソフトクリームを扱う店だ。

 

体験報告


訪れたのは平日の15時頃。
イートインスペースが数席あるが、先客はいなかった。

【グルメ探偵局】※画像1 レジ前のディスプレイ

※画像1 レジ前のディスプレイ

まずはレジで注文と会計を済ませる。
レジ前には様々な種類のソフトクリームのディスプレイがあり、どれも色鮮やかで何を頼むか迷ってしまう。

今回はいちごの依頼なのでピンク色のソフトクリームのメニューを眺めていると「モフモフベリーベリー」というネーミングのソフトに興味がわいた。

【グルメ探偵局】※画像2 カラフルなトッピング

※画像2 カラフルなトッピング

モフモフベリーベリーは本来であればカラフルなマシュマロがトッピングされているのだが、レジ近くに置かれていたトッピングの数々を見ているとマシュマロと同じくとてもカラフルな丸いパフが気になってしまった。

そういうわけで、モフモフベリーベリーのマシュマロの部分をパフにチェンジしてもらうことに。
ちょうど良いことに価格は同じだという。

 

実食報告


作られたソフトクリームを提供台に受け取りにいくと、目の前には驚きのアイテムが!

【グルメ探偵局】※画像3 豊富なパウダー ※画像3 豊富なパウダー

なんと自身でトッピングするパウダーが置かれているのだが、バジルやイカスミテイストのものまであるのだ。

【グルメ探偵局】※画像4 フォトスポット

※画像4 フォトスポット

さらに驚きは続く。
なんとソフトクリーム専用のフォトスポットまで用意されているではないか!

【グルメ探偵局】※画像5 フォトスポットでの撮影

※画像5 フォトスポットでの撮影

もちろん私もフォトスポットにソフトを置いて撮影してみた。
確かに光のあたり具合も良く、色も映えてソフトクリームの撮影にふさわしい場所。

【グルメ探偵局】※画像6 イートインスペース

※画像6 イートインスペース

イートインスペースはこの3つのテーブルと椅子が数席。
食べ歩く人よりも、ここで食べていく客の方がこの日は多かった。

【グルメ探偵局】※画像7 ソフトクリームのアップ

※画像7 ソフトクリームのアップ

モフモフベリーベリーのトッピングを変えたので、パフパフベリーベリーという名前の方がふさわしいだろうか。

この組み合わせ以外でも自身の好みのトッピングにすることはもちろん可能。
生いちごものせられていて、いちご好きにオススメのソフトクリーム。

 

デリシャスポイント


ストロベリーテイストのソフトクリームのサイドをよく見てみると何かがかかっている。

【グルメ探偵局】※画像8 ソフトの横

※画像8 ソフトの横

どうやらイチゴ味のチョコレートソースのよう。
パリパリとした食感で美味だった。

【グルメ探偵局】※画像9 ソフトの底

※画像9 ソフトの底

そして底のほうまで食べ進めていくと、1番下にはポップコーンが入っていた。
このポップコーンに途中で見つけたパウダーをかけて食べるのも良いかもしれない。

【グルメ探偵局】※画像10 カキコミスポット

※画像10 カキコミスポット

食べ終えてから店内をじっくり見ていると、何やら紙とペンがセッティングされている場所が。

【グルメ探偵局】※画像11 ラクガキ体験

※画像11 ラクガキ体験

スタッフの方が好きなことを書いてくださいと声をかけてくださったので、今回のテーマであるいちごの絵を書き込んでみた。

 

案内図


神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135
店名 Chocott Milk Bar (チョコットミルクバー)
公式HP http://www.artks.co.jp/shopinfo/chocott_kosugi/
住所 神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135 グランツリー武蔵小杉 1F
営業時間 10:00~21:00(L.O.21:00)

 

依頼人からのコメント


madam

モフモフベリーベリーってとっても可愛らしい名前ね。
気に入ったわ!

生のいちごものせられているところが魅力的ね。
私はモフモフというネーミングならではのマシュマロトッピングのほうで是非頂いてみたいわ。

グルメ探偵さん、この調子で今月はいちごスイーツの情報をどんどん宜しくね。

to be continued