【グルメ探偵局】資生堂ビル15周年!夏いちご‘恋姫’を使用した苺パフェに特製デザート!

資生堂ビル15周年!夏いちご‘恋姫’を使用した苺パフェに特製デザート!

今月の限定メニュー①


いちごの旬は冬から春にかけてだが、実は夏いちごと呼ばれる品種もある。
そして、なんと本日7月1日から資生堂パーラーサロンドカフェで、夏いちご‘恋姫’を使用したデザートがスタート。
早速来店することにした。

 

体験報告


以前、美濃娘のプレミアムストロベリーパフェが登場した際、毎日かなり限られた限定数の販売だったことを思い出し、今回はまず電話で事前に問い合わせてみた。
すると、日によって入荷量は異なるが、すぐに完売してしまうほどではないという内容だった。

店に到着したのは12時を過ぎた頃。
満席率は入店した時点では3割ほど。

【グルメ探偵局】※画像1 7月末までの限定メニュー2種

※画像1 7月末までの限定メニュー2種

 

実食報告


今回のお目当のメニューは、恋姫を使用したデザート2種。

【グルメ探偵局】※画像2 恋姫のストロベリーパフェ

※画像2 恋姫のストロベリーパフェ

こちらは東京銀座資生堂ビル15周年 こだわりの苺パフェ「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」で価格は1890円。

【グルメ探偵局】※画像3 夏いちご‘恋姫’

※画像3 夏いちご‘恋姫’

信州畑工房が所有する資生堂パーラー専用のハウスで採れた「夏いちご“恋姫”」は濃い紅色で、酸味が少なく深みのある味わい。ラズベリーやブルーベリーなど、他の種類のベリーの香りが思い出される不思議ないちごだ。

【グルメ探偵局】※画像4 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ表

※画像4 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ表

恋姫を使用したメニューはもう一つある。今月のデザート「あらかわの桃と恋姫のマリアージュ」 にも夏いちごが美しく盛り付けられている。価格はコーヒーまたは紅茶がついて1980円。

【グルメ探偵局】※画像5 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ裏

※画像5 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ裏

このデザートは手前側と後ろ側からの印象が異なり、皿をまわすと綺麗に並べられたスライスいちごに気がつく。

【グルメ探偵局】※画像6 スライスされた恋姫

※画像6 スライスされた恋姫

濃い赤色の夏いちごに思わずウットリ。

【グルメ探偵局】※画像7 桃のムース

※画像7 桃のムース

桃やいちごが積み重ねられた下のほうには、桃の香りが漂うムース!さらに爽やかな桃のアイスも添えられている。

デリシャスポイント


桃のムースと果肉の間には、苺クリームと三角形のキュートなパイ。
一皿で様々な食感と色々な味を楽しめる愉快なデザートである。

【グルメ探偵局】

 

案内図


東京都中央区銀座8-8-3
店名 資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店
公式HP https://parlour.shiseido.co.jp/shoplist/salondecafeginza/
住所 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3F
営業時間 火~土曜日 11:30~21:00 (L.O.20:30)
日曜日・祝日 11:30~20:00 (L.O.19:30)
定休日 月曜日(祝日は営業)
【グルメ探偵局】苺サラダにイチゴピザ!チリエージョでいちご尽くしのランチコース!

苺サラダにイチゴピザ!チリエージョでいちご尽くしのランチコース!

1〜3月の旬食材⑧


常連マダムからの依頼で、今年に入ってからはずっといちごのメニューを探し求めている。

できればいちごを使用した料理が知りたいという要望にこたえるため、今回はザ・プリンス さくらタワー東京の1階にある「リストランテ カフェ チリエージョ」へむかった。

 

体験報告


店に到着したのは平日の11時半すぎ。

朝6時半からオープンしている店ということもあり、すでに何組もの先客がいたが、運よく窓際の眺めの良い席に通された。

【グルメ探偵局】※画像1 窓際の風景

※画像1 窓際の風景

窓の外には緑が広がり、花や水辺を眺めながらゆっくりと食事を愉しめるようになっている。

【グルメ探偵局】※画像2 店内風景

※画像2 店内風景

周りを見回すと内装にもサクラが!
春の昼を過ごすのにピッタリの心和む空間演出。

【グルメ探偵局】※画像3 メニュー

※画像3 メニュー

今回の目的はいちごの料理。
というわけで、「ストロベリーランチ」という前菜からデザートまで全ていちご尽くしのコースを頂くことに。

 

実食報告


ストロベリーランチではメインとデザートの内容をチョイスすることが可能。

今回は同行者と共に、メインはあえて異なるメニューを選ぶことにした。

【グルメ探偵局】※画像4 前菜

※画像4 前菜

前菜は「いちごとホタテ貝 モッツァレラのサラダ チリエージョスタイル」。
真っ赤ないちごと緑の野菜の彩りが美しい。
ここにいちごを使用したソースをかけて頂く。

【グルメ探偵局】※画像5 ピザDEストロベリー

※画像5 ピザDEストロベリー

メインメニューの1つがこのピザ。
いちごにバルサミコ、そして生ハム・ルッコラ・チーズの組み合わせ。
これが絶妙!
想像より遥かに直径が大きく、3000円というコースの値段を考えるとかなりお得に感じた。

【グルメ探偵局】※画像6 サンドウイッチDEストロベリー

※画像6 サンドウイッチDEストロベリー

昔から慣れ親しんでいるタイプのいちごサンドが登場するのかと思いきや、とてもオシャレな3タイプのサンドイッチが運ばれてきた。

中でも1番好みだったのはいちごと生ハム、カマンベールチーズやレタスを挟んだクロワッサンサンド。
濃厚なチーズが酸味と甘みのバランスの良いいちごをやさしく包み、生ハムの塩味が全体をひきしめている。

【グルメ探偵局】※画像7  いちごのティラミス

※画像7  いちごのティラミス

デザートは3種から選ぶことが可能。
いちごのティラミスの他に、「いちごとマスカルポーネのアイス」や「いちごとマスカルポーネのアイス シャンパンゼリーとともに」を選ぶこともできる。

いちごのティラミスとシャンパンゼリーのついたアイスはグラスで提供され、可愛らしいカクテルのようにも見える。

【グルメ探偵局】※画像8 小菓子

※画像8 小菓子

芸術的な小菓子3種にも驚かされた。
バラの形をイメージして作られた焼き菓子に、いちごのタルトといちごのエクレア。
エクレアには金箔も飾られ、小菓子とは思えないゴージャスな装い。

 

デリシャスポイント


細部にまでいちごの香りを施したストロベリーランチ。
注目ポイントの1つはサラダのソース。

【グルメ探偵局】※画像9 ソースをかけている様子

※画像9 ソースをかけている様子

いちごとホタテのサラダに使用したソースの正体は、いちごヨーグルトソース。
いちごミルクのようなピンク色のキュートなソースはほんのりとストロベリーの香り。
そしてクリーミーさの中に適度な酸味があり、濃厚なのにさっぱりと食べ進めることができる。

【グルメ探偵局】※画像10 ティラミスの中身

※画像10 ティラミスの中身

そして、ティラミスのマスカルポーネの下にはピンク色に染みたスポンジ。
ここからもほんのりとストロベリーの香りが漂い、コースの最初から最後までいちごを味わい尽くすことができた。

 

案内図


東京都港区高輪 3-13-1
店名 リストランテ カフェ チリエージョ
公式HP http://www.princehotels.co.jp/sakuratower/restaurant/ciliegio/
住所 東京都港区高輪 3-13-1 1F
営業時間

朝食: 6:30A.M.~10:30A.M
(ラストオーダー10:30A.M.)
ランチ: 11:30A.M.~2:30P.M
(ラストオーダー2:30P.M.)
ディナー: 5:30P.M.~10:00P.M
(ラストオーダー10:00P.M.)
喫茶: 2:30P.M.~5:30P.M
(ラストオーダー5:30P.M.)
バータイム: 5:00P.M.~11:30P.M
(ラストオーダー11:30P.M.)

 

依頼人からのコメント


madam

まぁ!いちご尽くしのコースとは素晴らしい!
こんな料理はじめてだわ!
これは是非お友達とお洒落をしてでかけなくちゃ。

え?3月18日まで?
じゃあ、急いで予約しないといけないわね。

グルメ探偵さん、まだまだ私が驚くようないちごメニューはあるのかしら?

to be continued

カラフルな苺ソフト!チョコットミルクバーのモフモフベリーベリー

カラフルな苺ソフト!チョコットミルクバーのモフモフベリーベリー

1〜3月の旬食材①


この探偵局の常連マダムからの依頼で、今月はあらゆる苺メニューを追いかけることに。

手始めにやってきたのは武蔵小杉の「Chocott Milk Bar (チョコットミルクバー)」。
グランツリー武蔵小杉の1階にあるソフトクリームを扱う店だ。

 

体験報告


訪れたのは平日の15時頃。
イートインスペースが数席あるが、先客はいなかった。

【グルメ探偵局】※画像1 レジ前のディスプレイ

※画像1 レジ前のディスプレイ

まずはレジで注文と会計を済ませる。
レジ前には様々な種類のソフトクリームのディスプレイがあり、どれも色鮮やかで何を頼むか迷ってしまう。

今回はいちごの依頼なのでピンク色のソフトクリームのメニューを眺めていると「モフモフベリーベリー」というネーミングのソフトに興味がわいた。

【グルメ探偵局】※画像2 カラフルなトッピング

※画像2 カラフルなトッピング

モフモフベリーベリーは本来であればカラフルなマシュマロがトッピングされているのだが、レジ近くに置かれていたトッピングの数々を見ているとマシュマロと同じくとてもカラフルな丸いパフが気になってしまった。

そういうわけで、モフモフベリーベリーのマシュマロの部分をパフにチェンジしてもらうことに。
ちょうど良いことに価格は同じだという。

 

実食報告


作られたソフトクリームを提供台に受け取りにいくと、目の前には驚きのアイテムが!

【グルメ探偵局】※画像3 豊富なパウダー ※画像3 豊富なパウダー

なんと自身でトッピングするパウダーが置かれているのだが、バジルやイカスミテイストのものまであるのだ。

【グルメ探偵局】※画像4 フォトスポット

※画像4 フォトスポット

さらに驚きは続く。
なんとソフトクリーム専用のフォトスポットまで用意されているではないか!

【グルメ探偵局】※画像5 フォトスポットでの撮影

※画像5 フォトスポットでの撮影

もちろん私もフォトスポットにソフトを置いて撮影してみた。
確かに光のあたり具合も良く、色も映えてソフトクリームの撮影にふさわしい場所。

【グルメ探偵局】※画像6 イートインスペース

※画像6 イートインスペース

イートインスペースはこの3つのテーブルと椅子が数席。
食べ歩く人よりも、ここで食べていく客の方がこの日は多かった。

【グルメ探偵局】※画像7 ソフトクリームのアップ

※画像7 ソフトクリームのアップ

モフモフベリーベリーのトッピングを変えたので、パフパフベリーベリーという名前の方がふさわしいだろうか。

この組み合わせ以外でも自身の好みのトッピングにすることはもちろん可能。
生いちごものせられていて、いちご好きにオススメのソフトクリーム。

 

デリシャスポイント


ストロベリーテイストのソフトクリームのサイドをよく見てみると何かがかかっている。

【グルメ探偵局】※画像8 ソフトの横

※画像8 ソフトの横

どうやらイチゴ味のチョコレートソースのよう。
パリパリとした食感で美味だった。

【グルメ探偵局】※画像9 ソフトの底

※画像9 ソフトの底

そして底のほうまで食べ進めていくと、1番下にはポップコーンが入っていた。
このポップコーンに途中で見つけたパウダーをかけて食べるのも良いかもしれない。

【グルメ探偵局】※画像10 カキコミスポット

※画像10 カキコミスポット

食べ終えてから店内をじっくり見ていると、何やら紙とペンがセッティングされている場所が。

【グルメ探偵局】※画像11 ラクガキ体験

※画像11 ラクガキ体験

スタッフの方が好きなことを書いてくださいと声をかけてくださったので、今回のテーマであるいちごの絵を書き込んでみた。

 

案内図


神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135
店名 Chocott Milk Bar (チョコットミルクバー)
公式HP http://www.artks.co.jp/shopinfo/chocott_kosugi/
住所 神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135 グランツリー武蔵小杉 1F
営業時間 10:00~21:00(L.O.21:00)

 

依頼人からのコメント


madam

モフモフベリーベリーってとっても可愛らしい名前ね。
気に入ったわ!

生のいちごものせられているところが魅力的ね。
私はモフモフというネーミングならではのマシュマロトッピングのほうで是非頂いてみたいわ。

グルメ探偵さん、この調子で今月はいちごスイーツの情報をどんどん宜しくね。

to be continued