【グルメ探偵局】スープ餃子専門店!?目黒「Dumpling」で今だけ限定半額餃子!

スープ餃子専門店!?目黒「Dumpling」で今だけ限定半額餃子!

2016年5月の新発見①


 2016年5月9日、目黒駅から徒歩1分の場所に日本初のスープ餃子専門店「Dumpling(ダンプリン)」が登場!
なんと15日までの期間限定で全スープ餃子メニューが半額という情報を得て、早速来店することに。

【グルメ探偵局】※画像1 グランドオープンの広告

※画像1 グランドオープンの広告

 

体験報告


 開店時刻の11時を目標に店へとむかい、10時54分に店前に到着。
列などは特にできていなかった。

【グルメ探偵局】※画像2 外観

※画像2 外観

グランドオープンしたばかりということで店頭にはたくさんの花が。
開店までの5分の間に入り口にあるメニューをじっくり眺めた。

【グルメ探偵局】※画像3 店内風景

※画像3 店内風景

店内に入るとすぐにスープが入っている鍋がズラリ。
スープを入れるカップもびっしり並んでおり、どことなくスープストックを連想させる。

【グルメ探偵局】※画像4 テーブル席

※画像4 テーブル席

まずはレジで注文と会計を済ませ、番号札を受け取って好きな席へ座って待つというスタイル。
現在オープン記念のサービスで半額で餃子を味わえるのだが、半額になるのは単品の商品のみ。
セットメニューは通常料金のままなので注意が必要だ。

実食報告


 スープはレジ横の鍋に並んでいるが、実は餃子は奥で丁寧に茹で上げられている。
そのため時間帯によっては提供までに5〜10分かかることもあるらしい。

【グルメ探偵局】※画像5 濃厚鶏白湯スープ餃子

※画像5 濃厚鶏白湯スープ餃子

せっかく半額ということでできるだけ多くの種類を体験してみたい。
そこで今回は10種あるスープ餃子の中から3種をチョイス。
サイズはS・M・Lとあるので、全てSサイズで注文した。

最初に口にしたのは鶏白湯スープ餃子。
濃厚でありながらも優しい味わいで、意外とあっさり食べ進められる。
数種類のメニューを体験するならまずはコレから食べると良いかもしれない。

【グルメ探偵局】※画像6 ホタテとアサリのクラムチャウダースープ餃子

※画像6 ホタテとアサリのクラムチャウダースープ餃子

クラムチャウダースープ餃子はクリーム仕立てのスープ餃子だが、これも想像していたものよりスッキリしている。

もしかするとどのスープも餃子の味をしっかり感じるためにシンプルに仕上げているのかもしれない。
濃厚な味わいを好むならパルメザンチーズをトッピングするのもアリだろう。

【グルメ探偵局】※画像7 ベーコンとチーズのオニオンスープ餃子

※画像7 ベーコンとチーズのオニオンスープ餃子

最後に食べたのはオニオングラタンスープのようなスープ餃子。
思っていたよりも具が多く、玉ねぎもベーコンもドッサリ。
さらにブロッコリーも入っていて彩りも良かった。

 

デリシャスポイント


 もっとも魅力を感じたのはスープよりも餃子そのもの。
ニンニクとニラを使わず、全粒粉の皮で包んだユニークな餃子はとてもヘルシー!

遅めの朝食やランチとしても楽しめる身体に優しい新感覚餃子は年齢性別とわず親しまれそうだ。

【グルメ探偵局】※画像 餃子の断面

 

案内図


東京都品川区上大崎2丁目17-4
店名 Dumpling(ダンプリン)
公式HP http://dumpling.tokyo/
住所 東京都品川区上大崎2丁目17-4 美都ビル1F
営業時間 11:00〜23:00
定休日 年中無休

 

【グルメ探偵局】苺サラダにイチゴピザ!チリエージョでいちご尽くしのランチコース!

苺サラダにイチゴピザ!チリエージョでいちご尽くしのランチコース!

1〜3月の旬食材⑧


常連マダムからの依頼で、今年に入ってからはずっといちごのメニューを探し求めている。

できればいちごを使用した料理が知りたいという要望にこたえるため、今回はザ・プリンス さくらタワー東京の1階にある「リストランテ カフェ チリエージョ」へむかった。

 

体験報告


店に到着したのは平日の11時半すぎ。

朝6時半からオープンしている店ということもあり、すでに何組もの先客がいたが、運よく窓際の眺めの良い席に通された。

【グルメ探偵局】※画像1 窓際の風景

※画像1 窓際の風景

窓の外には緑が広がり、花や水辺を眺めながらゆっくりと食事を愉しめるようになっている。

【グルメ探偵局】※画像2 店内風景

※画像2 店内風景

周りを見回すと内装にもサクラが!
春の昼を過ごすのにピッタリの心和む空間演出。

【グルメ探偵局】※画像3 メニュー

※画像3 メニュー

今回の目的はいちごの料理。
というわけで、「ストロベリーランチ」という前菜からデザートまで全ていちご尽くしのコースを頂くことに。

 

実食報告


ストロベリーランチではメインとデザートの内容をチョイスすることが可能。

今回は同行者と共に、メインはあえて異なるメニューを選ぶことにした。

【グルメ探偵局】※画像4 前菜

※画像4 前菜

前菜は「いちごとホタテ貝 モッツァレラのサラダ チリエージョスタイル」。
真っ赤ないちごと緑の野菜の彩りが美しい。
ここにいちごを使用したソースをかけて頂く。

【グルメ探偵局】※画像5 ピザDEストロベリー

※画像5 ピザDEストロベリー

メインメニューの1つがこのピザ。
いちごにバルサミコ、そして生ハム・ルッコラ・チーズの組み合わせ。
これが絶妙!
想像より遥かに直径が大きく、3000円というコースの値段を考えるとかなりお得に感じた。

【グルメ探偵局】※画像6 サンドウイッチDEストロベリー

※画像6 サンドウイッチDEストロベリー

昔から慣れ親しんでいるタイプのいちごサンドが登場するのかと思いきや、とてもオシャレな3タイプのサンドイッチが運ばれてきた。

中でも1番好みだったのはいちごと生ハム、カマンベールチーズやレタスを挟んだクロワッサンサンド。
濃厚なチーズが酸味と甘みのバランスの良いいちごをやさしく包み、生ハムの塩味が全体をひきしめている。

【グルメ探偵局】※画像7  いちごのティラミス

※画像7  いちごのティラミス

デザートは3種から選ぶことが可能。
いちごのティラミスの他に、「いちごとマスカルポーネのアイス」や「いちごとマスカルポーネのアイス シャンパンゼリーとともに」を選ぶこともできる。

いちごのティラミスとシャンパンゼリーのついたアイスはグラスで提供され、可愛らしいカクテルのようにも見える。

【グルメ探偵局】※画像8 小菓子

※画像8 小菓子

芸術的な小菓子3種にも驚かされた。
バラの形をイメージして作られた焼き菓子に、いちごのタルトといちごのエクレア。
エクレアには金箔も飾られ、小菓子とは思えないゴージャスな装い。

 

デリシャスポイント


細部にまでいちごの香りを施したストロベリーランチ。
注目ポイントの1つはサラダのソース。

【グルメ探偵局】※画像9 ソースをかけている様子

※画像9 ソースをかけている様子

いちごとホタテのサラダに使用したソースの正体は、いちごヨーグルトソース。
いちごミルクのようなピンク色のキュートなソースはほんのりとストロベリーの香り。
そしてクリーミーさの中に適度な酸味があり、濃厚なのにさっぱりと食べ進めることができる。

【グルメ探偵局】※画像10 ティラミスの中身

※画像10 ティラミスの中身

そして、ティラミスのマスカルポーネの下にはピンク色に染みたスポンジ。
ここからもほんのりとストロベリーの香りが漂い、コースの最初から最後までいちごを味わい尽くすことができた。

 

案内図


東京都港区高輪 3-13-1
店名 リストランテ カフェ チリエージョ
公式HP http://www.princehotels.co.jp/sakuratower/restaurant/ciliegio/
住所 東京都港区高輪 3-13-1 1F
営業時間

朝食: 6:30A.M.~10:30A.M
(ラストオーダー10:30A.M.)
ランチ: 11:30A.M.~2:30P.M
(ラストオーダー2:30P.M.)
ディナー: 5:30P.M.~10:00P.M
(ラストオーダー10:00P.M.)
喫茶: 2:30P.M.~5:30P.M
(ラストオーダー5:30P.M.)
バータイム: 5:00P.M.~11:30P.M
(ラストオーダー11:30P.M.)

 

依頼人からのコメント


madam

まぁ!いちご尽くしのコースとは素晴らしい!
こんな料理はじめてだわ!
これは是非お友達とお洒落をしてでかけなくちゃ。

え?3月18日まで?
じゃあ、急いで予約しないといけないわね。

グルメ探偵さん、まだまだ私が驚くようないちごメニューはあるのかしら?

to be continued

【グルメ探偵】

全て手で食す蟹コース!実食編

12月の旬食材①-2


依頼人がのぞむ蟹料理を求めてやってきた『ダンシングクラブ』。
心が踊るほど美味しいカニという意味かと思っていたが、実際に激しいダンスシーンも登場するユニークな店だ。

 

実食報告


コースのスタートはシーザーサラダ。
食器も箸もフォークもでてこない手づかみの環境に面食らったが、2品目が届く頃にはサラダを手で食べることに自然と慣れ始めていた。

【グルメ探偵】※画像1 ナチョス

※画像1 ナチョス

チーズやチリがたっぷりかけられたナチョス。
アボカドものせられていて彩り鮮やか。

【グルメ探偵】※画像2 ナチョスを食す場面

※画像2 ナチョスを食す場面

よく考えてみればナチョスは普段から手づかみで食べることが多い。
しかしなぜか途中でどうしてもフォークが欲しくなるから人間とは面白いものだ。

【グルメ探偵】※画像3 ポップコーンシュリンプ

※画像3 ポップコーンシュリンプ

次に登場したのはポップコーンシュリンプ。
コース詳細には3品目はクラブケーキと書いてあったが、何の説明もなくこの海老がテーブルに置かれた。

タルタルソースがたっぷり用意されており、満足度が高かったため、クラブケーキを楽しみにしていた気持ちは知らぬ間に薄れていった。

【グルメ探偵】※画像4 シーフードコンボパック

※画像4 シーフードコンボパック

メインは選べるソースのシーフードコンボパック。
定番のシグニチャーソースは辛さも選べるのでどれにしようか迷っていると、激辛の味見をさせてくれた。
自分にはとてもちょうどよい辛味だったのでそのまま激辛をチョイス。

そして大きなビニール袋が!
中には真っ赤に染まったシーフードたちがどっさり入っている。

【グルメ探偵】※画像5 コンボパックの中身

※画像5 コンボパックの中身

お目当のカニ、そして海老の他にもじゃがいも・貝・ベーコン・人参・とうもろこし・たこ・イカ等が入っている。

【グルメ探偵】※画像6 コンボパックのアップ

※画像6 コンボパックのアップ

どれから食べるか迷ってしまう量!
今回はシグニチャーソースを選んだが、この他にハーブバターソースやホワイトソースなどもあった。

次回以降違うソースを選べば、また新鮮な気持ちでこの料理を楽しめそうだ。

【グルメ探偵】画像7 パン

※画像7 パン

パンは嬉しいことにおかわり自由!
最初にはクロワッサンをはじめ4種類が提供される。

 

注目ポイント


この店ではカニのカチューシャや帽子を身につけて食事や写真撮影を楽しめる。

そしてなんと販売もされており、カチューシャは800円、帽子は900円でお土産に持ち帰れる。

これを自宅でつけて、家でカニパーティーをするのも面白いかもしれない。

【グルメ探偵】※画像 カチューシャ

 

案内図


東京都新宿区新宿3-37-12
店名 ダンシングクラブ
公式HP http://dancingcrab.jp/
住所 東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル 2F
営業時間 11:30-15:30(LO15:00) 17:00-23:30(LO22:30)
定休日 無休

 

 

依頼人からのコメント


madam

とてもユニークなお店ね!
でもダンスや音楽がすごそうだし、客層が若いみたいだから躊躇してしまうかもしれないわね。

ほら、カチューシャとかも恥ずかしくなってしまいそうだし。
お料理はどれも全部ステキよ!
きっと飲み会や合コン?という催しにはピッタリの環境だと思うわ。

グルメ探偵さん、今度は静かな環境でゆっくりと蟹料理を楽しめるお店も見つけてきて欲しいわ。

to be continued

【グルメ探偵】

全て手で食す蟹コース!準備編

12月の旬食材①-1


 今月の旬食材はカニ。
依頼人のために、あるカニ料理店へやってきた。
新宿にある『ダンシングクラブ』だ。

 

体験報告


この店はカニやシーフードをユニークな方法で食べるという噂をきいたことがある。

なにやらテーブルの上に料理をバラまいて手を使って食べるのだとか。

【グルメ探偵】※画像1 店内風景

※画像1 店内風景

店内の至る所にカニの絵が描かれており、団体客のほとんどがカニのカチューシャをつけている。
その光景に圧倒された。

【グルメ探偵】※画像2 「ルイジアナ レモネードパンチ」

※画像2 「ルイジアナ レモネードパンチ」

到着したのは平日の18時20分。
フロアは真ん中の通路から左右2つのエリアに分かれているような形で、右側の席はすでにだいぶ混み合っていた。

私が通されたのは左側。
そしてこちらは19時以降の予約が多いのか、また誰もいない。

とりあえず天然サトウキビを使用した名物ドリンクのレモネードパンチをオーダー。

【グルメ探偵】※画像3 テーブルセッティング

※画像3 テーブルセッティング

テーブルの上には事前にカニ用のハサミ等がセッティングされている。
大きな筒状のものは何だろう。

【グルメ探偵】※画像4 ナレーション風景

※画像4 ナレーション風景

しばらくするといきなり激しい音楽が!
何人ものダンサーらしき人が登場し、そのなかの1人が語り始めた。

どうやら誕生日祝いで来ている客が何組かいるようだ。

【グルメ探偵】※画像5 ダンスシーン

※画像5 ダンスシーン

そして突然ダンスがスタート。
照明の色も様々なカラーに切り替わる。

サプライズとしてはとても楽しそうで、団体客もかなり賑わっていたが、カップルや友人2人での食事を楽しみに来ている人にとっては音が激しすぎて会話がなかなかできない環境とも言える。

【グルメ探偵】※画像6 テーブル再セッティング

※画像6 テーブル再セッティング

その後スタッフが筒状のものを広げ始めた。
紙をテーブルクロスのように敷いて、その上に料理を並べるらしい。

【グルメ探偵】※画像7 手洗い場

※画像7 手洗い場

さらにスタッフの案内で手洗い場へ。
料理のまえに必ずここで手を綺麗に洗い流す。
水・石鹸・風の全てが体験できる洗い場に仰天!

さすがダイソン、物凄いパワーで水に濡れた手を乾燥させてくれる。

 

注目ポイント


 手を洗って席に戻るといよいよコースの料理が運ばれてくる。
そしてその提供のされ方に驚き!

なんと皿に盛られてくるのではないのだ。
やってきたのは紙に包まれたシーザーサラダ。
大きな紙の中にレタスなどが入っており、紙の端がキャンディのようにくるくる巻かれているものが目の前に!

【グルメ探偵】※画像8 シーザーサラダ

スタッフの手によって紙が開封され、さらにその場でブラックペッパーやチーズをかけてくれる。

もう1つの驚きは皿だけでなくフォークなども一切ないこと。
このサラダを手掴みでシェアして食べるということだ。

ドレッシングやチーズを混ぜながら手で食べるサラダは初めて。
これは仲が良い人との食事でなければ緊張感があるかもしれない。
あるいはこれをきっかけに親密になることも!?

【グルメ探偵】※画像 手が見えてるシーザーサラダ

 

案内図


東京都新宿区新宿3-37-12
店名 ダンシングクラブ
公式HP http://dancingcrab.jp/
住所 東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル 2F
営業時間 11:30-15:30(LO15:00) 17:00-23:30(LO22:30)
定休日 無休

 

依頼人からのコメント


madam

サラダを手掴みで頂くとは驚きだわ。
でも、どんな風にサーブされるのかかなり興味がわくわね!

グルメ探偵さん、次回の実食報告も楽しみにしているわ。
詳しくレポートしてくださいね。

to be continued

【グルメ探偵】

お菓子の森で食べ放題!軽食編

12月のターゲット
食べ放題②-3


依頼人が納得できる食べ放題スポットを求めてやってきた『お菓子の森 サフラン』。

実はこの店ではケーキやスイーツだけでなく、ピザやパン等の軽食メニューも楽しめる。

 

実食報告


バイキングの開始時刻に皆一斉にショーケースのケーキを目掛けて行くが、焼きそばやサラダも軽食スペースに並んでいる。

大人数できているグループや、男性陣は先に食事系のものを取りに行く人もちらほら。

【グルメ探偵】※画像1 焼きそばとサラダ

※画像1 焼きそばとサラダ

冷たいドリンクはこの軽食の近くに常時置いてあり、ホットドリンクはスタッフに声をかけると番号札を受けとって出来上がりを待つスタイル。

【グルメ探偵】※画像2 焼きたてパンの数々

※画像2 焼きたてパンの数々

その後、少し時間がたってから焼きたてのパンが登場。
提供台に覗きに行ってみると、想像以上に沢山の種類のパンが!

【グルメ探偵】※画像3 2回目のパン

※画像3 2回目のパン

さらにもう一度パンがやってくる。
しかもさっきとはまた違う種類のパンで驚いた。

【グルメ探偵】※画像4 選んだパン各種

※画像4 選んだパン各種

欲張って6種のパンを皿へ。
真ん中にたまごが入ったカレーパンや甘い豆がぎっしり詰まったパンがとても印象的。

【グルメ探偵】※画像5 チョリソーの断面

※画像5 チョリソーの断面

ソーセージ入りの揚げパンを一口頬張ると、辛味が迫ってきた!
中に入っていたのはかなり辛めのチョリソー。

【グルメ探偵】※画像6 ポテトのパンの断面

※画像6 ポテトのパンの断面

平たいじゃがいもが入ったパンは下に明太子。
すべてのパンが食べやすい大きさにカットされており、色々な種類の味を少しずつ体験できるのが魅力的だ。

【グルメ探偵】※画像7 ハッシュドポテト

※画像7 ハッシュドポテト

パンの他にハッシュドポテトも常時提供されていた。
熱々サクサクで美味。

【グルメ探偵】※画像8 ピザ

※画像8 ピザ

さらにジェノベーゼソースのピザも焼きたての状態で出てきた。
ピザの出来上がりを待っている人も数人いた様子。

【グルメ探偵】※画像9 マルゲリータ

※画像9 マルゲリータ

バジルとトマトソースの組み合わせのピザは人気があり、すぐに無くなった。
ピザに興味があるなら熱いうちにとりに行くと良いだろう。

 

デリシャスポイント


1680円というコストパフォーマンスの素晴らしさに感激の食べ放題。
ケーキもピザもシンプルなメニューが多いが、特にパンの豊富さには驚きの連続。

【グルメ探偵】※画像10 ラストのパン

※画像10 ラストのパン

そしてお菓子の森 サフランのすぐ裏にはパン工房もあり、そこでお土産のパンを購入することもできる。

パン屋の中を見てまわると、ついさっき食べ放題で出会ったパンも多数発見。
中には1つ200円以上の高価なパンもあり、とてもお得に感じた。

【グルメ探偵】

 

案内図


千葉県流山市青田96-1
店名 サフラン お菓子の森
公式HP http://saffron-pan.jp/s_okashinomori.html
住所 千葉県流山市青田96-1
営業時間 8:00~18:30 ラストオーダー18:00
定休日 火曜日(第2・4)

 

依頼人からのコメント


woman

これは凄いボリューム!
スイーツだけでなくピザや焼きそば、それにパンも10種類以上も!!

グルメ探偵さん、本当にありがとうございます。
とっても参考になったからまた頼みに来ちゃうかも!

 

Mission complete

【グルメ探偵】1日限定5食のいちごデザート

1日限定5食のいちごデザート

11月の限定メニュー①


 シーズンごとにフルーツの限定メニューを提供している『果実園』。
もしかしたら11月の限定メニューもあるのではないかと足を運んでみることにした。

すると店前でポスターを発見!
やはり今月も限定メニューが登場している。
しかも今回はなんと北海道の食とコラボし、抽選で賞品が当たるチャンスまであるようだ。

【グルメ探偵局】※画像1 店頭のポスター

※画像1 店頭のポスター

 

体験報告


店についたのは平日の11時15分頃。
この店は昼になるとランチで利用する客が沢山訪れて満席になることもあるので、できるだけ12時になる前に入店することをお勧めする。
ちなみにこの時は満席率30%ほどだった。

私はいつも決まって11時すぎ頃に入店。
なぜかというと、この店の限定メニューはたいてい11時からスタートするのだ。
そして1日限定5食!

前回頂いた洋梨のデザート「コンポート・ド・ポワール・ヴァン・ブラン・グラス・ア・ラ・バニーユ」も11時から始まる1日限定5食のメニューだった。

【グルメ探偵局】※画像2 店内風景

※画像2 店内風景

店内の大テーブルや入ってすぐの2名席の前にはたくさんの果物が陳列されている。
新鮮なフルーツの香りを楽しみながらランチやティータイムを満喫できるのだ。

【グルメ探偵局】※画像3 岡山県産シャインマスカット

※画像3 岡山県産シャインマスカット

並べられているフルーツたちは購入することも可能。
今の季節はシャインマスカット等もお土産として持ち帰ることができる。

【グルメ探偵局】※画像4 富山産あんぼ柿

※画像4 富山産あんぼ柿

あんぽ柿も旬を迎えている。
こちらはレジ横に並べられている商品。

【グルメ探偵局】※画像5 フォーベリータルト

※画像5 フォーベリータルト

ショーケースの中はいちご天国。
ふんだんにいちごを使用したタルトがずらりと並べられている。

【グルメ探偵局】※画像6 イチゴズコット ピスタチオクリーム

※画像6 イチゴズコット ピスタチオクリーム

この店の人気メニューであるズコット。
あまおうや瀬戸ジャイアンツのズコットで有名だが、中のクリームが色鮮やかなグリーンのピスタチオクリームのイチゴズコットも登場している。

 

実食報告


様々な秋のフルーツの販売品を先に紹介したが、今回実食したのは「マルカルポーネ・クリームチーズといちごデザート(1200円)」。

提供時間は11時から21時までで1日限定5食なのだが、11時を過ぎてすぐの来店の場合、メニュー表にこの特別メニューの紙を挟み忘れている場合がある。

この日もそのパターンだったが、限定メニューを食したければ「もう5食が売り切れてしまったのではないか…」と思いこまずに勇気をだしてスタッフに声をかけてみると良い。

【グルメ探偵局】※画像7 限定数のいちごデザート

※画像7 限定数のいちごデザート

バニラアイスにチョコレートで顔が描かれているかわいいデザート。
特にマツゲがキュート。
頭の部分はメニューの写真とは異なり、マスカット・いちご・ブルーベリーがのせられていた。

11月29日まで開催の「北の大地と海のおいしいフェア」の特別メニューで、このデザートを注文すると食後に応募券が渡され、応募箱に投函すればもしかすると北海道ゆかりの賞品が当たるかもしれない。

【グルメ探偵局】※画像8 大粒のいちご

※画像8 大粒のいちご

スープのようないちごのジュースの上にはたくさんの大粒いちご。
いちご好きにはたまらない一皿。

 

デリシャスポイント


このデザートの最大の魅力は下に隠れている2種のチーズ。
北海道十勝産のクリームチーズとマスカルポーネはとても濃厚で、いちごとの相性も抜群。
酸味と甘みとコクを楽しめる愉快な逸品だ。

【グルメ探偵局】※画像(チーズがみえている写真)

 

案内図


東京都千代田区丸の内1-9-1
店名 果実園 東京店
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1
東京駅 改札外 1F キッチンストリート
営業時間 7:30~22:00(L.O.21:30)
※モーニング11:00まで、ランチ 11:00~14:30
定休日 無休

 

依頼人からのコメント


madam

なんて愛らしいのでしょう!
描かれた表情もステキだし、いちごが沢山ならんでいるとかわいらしいわ。

それに1日限定5食と聞くと、どうしても食べたくなってしまう!
グルメ探偵さん、こういうメニューを次回も期待しているわ。

to be continued