【グルメ探偵局】資生堂ビル15周年!夏いちご‘恋姫’を使用した苺パフェに特製デザート!

資生堂ビル15周年!夏いちご‘恋姫’を使用した苺パフェに特製デザート!

今月の限定メニュー①


いちごの旬は冬から春にかけてだが、実は夏いちごと呼ばれる品種もある。
そして、なんと本日7月1日から資生堂パーラーサロンドカフェで、夏いちご‘恋姫’を使用したデザートがスタート。
早速来店することにした。

 

体験報告


以前、美濃娘のプレミアムストロベリーパフェが登場した際、毎日かなり限られた限定数の販売だったことを思い出し、今回はまず電話で事前に問い合わせてみた。
すると、日によって入荷量は異なるが、すぐに完売してしまうほどではないという内容だった。

店に到着したのは12時を過ぎた頃。
満席率は入店した時点では3割ほど。

【グルメ探偵局】※画像1 7月末までの限定メニュー2種

※画像1 7月末までの限定メニュー2種

 

実食報告


今回のお目当のメニューは、恋姫を使用したデザート2種。

【グルメ探偵局】※画像2 恋姫のストロベリーパフェ

※画像2 恋姫のストロベリーパフェ

こちらは東京銀座資生堂ビル15周年 こだわりの苺パフェ「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」で価格は1890円。

【グルメ探偵局】※画像3 夏いちご‘恋姫’

※画像3 夏いちご‘恋姫’

信州畑工房が所有する資生堂パーラー専用のハウスで採れた「夏いちご“恋姫”」は濃い紅色で、酸味が少なく深みのある味わい。ラズベリーやブルーベリーなど、他の種類のベリーの香りが思い出される不思議ないちごだ。

【グルメ探偵局】※画像4 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ表

※画像4 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ表

恋姫を使用したメニューはもう一つある。今月のデザート「あらかわの桃と恋姫のマリアージュ」 にも夏いちごが美しく盛り付けられている。価格はコーヒーまたは紅茶がついて1980円。

【グルメ探偵局】※画像5 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ裏

※画像5 あらかわの桃と恋姫のマリアージュ裏

このデザートは手前側と後ろ側からの印象が異なり、皿をまわすと綺麗に並べられたスライスいちごに気がつく。

【グルメ探偵局】※画像6 スライスされた恋姫

※画像6 スライスされた恋姫

濃い赤色の夏いちごに思わずウットリ。

【グルメ探偵局】※画像7 桃のムース

※画像7 桃のムース

桃やいちごが積み重ねられた下のほうには、桃の香りが漂うムース!さらに爽やかな桃のアイスも添えられている。

デリシャスポイント


桃のムースと果肉の間には、苺クリームと三角形のキュートなパイ。
一皿で様々な食感と色々な味を楽しめる愉快なデザートである。

【グルメ探偵局】

 

案内図


東京都中央区銀座8-8-3
店名 資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店
公式HP https://parlour.shiseido.co.jp/shoplist/salondecafeginza/
住所 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3F
営業時間 火~土曜日 11:30~21:00 (L.O.20:30)
日曜日・祝日 11:30~20:00 (L.O.19:30)
定休日 月曜日(祝日は営業)
【グルメ探偵】クリスマスツリー風パフェ!

クリスマスツリー風パフェ!

11月の限定メニュー②


今月食べることができる限定メニューを求めて次はどの街へむかうか考えていたところ、ふと浦和のうなこちゃんのことが思い浮かんだ。

うなこちゃんの石像が持ち去られるという事件をつい最近ニュースで見たが、一体今うなこちゃんはどうなっているのだろう…

【グルメ探偵】※画像1 浦和駅前のうなこちゃん

※画像1 浦和駅前のうなこちゃん

自然と足がむき浦和駅前に降り立ってみると、駅前のうなこちゃん像の握っているうちわに「うなこちゃん 帰るのを待ってます」というメッセージが。

せっかく浦和にやってきたのだから、うなこちゃんの帰りを祈りながら浦和の絶品スイーツを食べよう。

そして浦和で大人気の『アカシエ・サロン・ド・テ』を訪れた。

【グルメ探偵】※画像2 外観

※画像2 外観

 

体験報告


 浦和駅から歩いて15分ほどの静かな場所にあるオシャレなサロン。
祝日の12時頃入店すると、空席はカウンターに1席のみ。
タイミングよく2組の客が退店することになり、席の準備ができるまでレジ前で待つことに。

【グルメ探偵】※画像3 レジ前の椅子

※画像3 レジ前の椅子

テーブルが綺麗に片付いてからもランチ利用客へのサーブを優先しており、思ったよりも待ち時間は長かった。

【グルメ探偵】※画像4 クリスマス装飾

※画像4 クリスマス装飾

椅子に座って店内を眺めているとクリスマスの装飾が至る所にあり、なんだかとても和んだ。

【グルメ探偵】※画像5 カウンター

※画像5 カウンター

その後、私は入り口に一番近い2名用テーブルに通された。
カウンター席の場合は目の前でパフェが出来上がっていく様子などを見ることができる。

【グルメ探偵】 ※画像6 天井装飾

※画像6 天井装飾

クリスマスの装飾は天井からも。トナカイや星等の飾りがキラキラ輝いて美しい。

店内の様子を眺めているとスタッフが待ち時間があったことについてお詫びの言葉を丁寧に語り、この店の接客対応の素晴らしさを実感した。

 

実食報告


 今回見つけた限定メニューは12月15日12月13日まで提供されるクリスマスメニュー「クープ・ノエル」。
クリスマスツリーに見立てたパフェだ。

【グルメ探偵】※画像7 「クープ・ノエル(1550円)」

 

※画像7 「クープ・ノエル(1550円)」

グリーンのクリームの正体はピスタチオクリーム。
モミの木の形を上手にあらわしており、周りのデコレーションにもこだわっている。

【グルメ探偵】※画像8 クープ・ノエルと店内風景

※画像8 クープ・ノエルと店内風景

少し遠目から見るとホンモノのツリーのよう。
店内装飾ともマッチしている。

【グルメ探偵】※画像9 星型のチョコレート

※画像9 星型のチョコレート

トップにある星もちゃんと食べることができる。
実はチョコレートでできているのだ。
左後ろに見えているのはアールグレイティー。

【グルメ探偵】※画像10 カモミールのアイスクリーム

※画像10 カモミールのアイスクリーム

ピスタチオのクリームを食べ進めていくと、最初に中から登場するのはカモミールのアイスクリーム。
その香りにとても癒される。

 

デリシャスポイント


 このツリーパフェの魅力はなんといっても様々な食材の食感。
カモミールアイスの下には真っ赤なミックスベリーのソルベ、そしてその奥からはふわふわの生地やホワイトチョコレートが!

さらに食べ進めていくとパリパリのパイまで!
ラストにはすっきりとしたバニラのジュレが登場。
何層にも美味しさが重なっている逸品だ。

クリスマスツリーの飾りつけの1つとして大粒のいちごが乗せられているのもいちご好きには嬉しい演出。

なんだかクリスマスツリーとクリスマスケーキを同時に愉しむことができたように思える。

【グルメ探偵】※画像(ホワイトチョコが見えている写真)

 

 

案内図


埼玉県さいたま市浦和区高砂4-4-19
店名 アカシエ・サロン・ド・テ
公式HP http://www.acacier.com/salon/index.html
住所 〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-4-19
営業時間 11:00~17:00(16:30 L.O.)
ランチ 11:00~14:00( L.O.)
定休日 水曜定休(祝日の場合は変動あり)

依頼人からのコメント


madam

まぁ!なんて素敵なの!
こんなにもクリスマスツリーそっくりに仕上がったパフェは見たことがないわ!
これは是非期間中に食べに行かなくては。

グルメ探偵さん。
これからも私が今まで見たことのない珍しいメニューをどんどん教えてちょうだいね。