【グルメ探偵局】人気3品種のいちごを使用したチョコレートを食べ比べ!MAMANOのいちごファンタジー!

人気3品種のいちごを使用したチョコレートを食べ比べ!MAMANOのいちごファンタジー!

1〜3月の旬食材⑩


常連マダムの依頼でこの3ヶ月の間いちごを使ったメニューを追い続けてきた。

今回はいちごに関するマダムへの最後の報告ということで、マダムにいちご使用のあるスイーツをプレゼントしようと赤坂にあるMAMANOを訪れた。

 

体験報告


今回のお目当てはいちご使用のショコラ。

マダムへの贈り物用と自分の試食用に2セットの「いちごファンタジー」を購入。

【グルメ探偵局】※画像1 パッケージ

※画像1 パッケージ

「神様のボンボンショコラ いちごファンタジー」は3個入りのもので価格は1600円。

この他に6個入りのものもあった。

【グルメ探偵局】※画像2 蓋を開けた様子

※画像2 蓋を開けた様子

蓋を開けた瞬間からほのかにいちごの香りがした。

 

実食報告


いちごファンタジーには3品種のいちごが使用されている。

【グルメ探偵局】※画像3 いちごファンタジー

※画像3 いちごファンタジー

左の緑色のデザインがさがほのか、真ん中のてんとう虫模様がスカイベリー、右の赤いデザインがあまおう入りのショコラ。

スカイベリーとは栃木の期待の新品種いちごで、サイズがかなり大きいことで注目されているいちご。

【グルメ探偵局】※画像4 ショコラの裏側

※画像4 ショコラの裏側

ふとボンボンショコラをひっくり返してみると、このように裏側は花模様になっていた。

特にあまおうのショコラの裏のバラ模様がステキだ。

【グルメ探偵局】※画像5 ショコラの中の様子

※画像5 ショコラの中の様子

とりあえず、3種類とも裏側から一口かじってみると、中はそれぞれの香りが漂ういちごガナッシュになっていた。

すこしずつ色合いが異なるが、ガナッシュの部分だけでは大きな違いを感じ無いひともいるかもしれない。

 

デリシャスポイント


もう一口横から食べ進めてみると生いちごを使用したフレッシュなジュレが飛び出してきてびっくり。

ジュレといちごピューレを使用したガナッシュの2層を同時に口に含むと、それぞれの品種のいちごの特徴を感じることができる。

ジュレのジューシーさが印象的なショコラだった。

【グルメ探偵局】

 

案内図


東京都港区赤坂3-8-8
店名 MAMANO(ママノ) -神様のチョコレート-
公式HP http://mamano-chocolate.com/
住所 東京都港区赤坂3-8-8 赤坂フローラルプラザビル一階
営業時間 [月~木] 11:00-21:30
[金]   11:00-22:30
[土]   11:00-20:00
[日・祝] 11:00-17:00

 

依頼人からのコメント


madam

え?私にプレゼントですって!?

グルメ探偵さんありがとう。

この3ヶ月様々ないちごグルメを紹介して下さって嬉しかったわ。

さっそく自宅でこのショコラの食べ比べをしなくちゃ!

また近いうちに次の依頼を頼みに来るわね。

Mission complete

 

【グルメ探偵局】桃の香りの苺「ももみ」が入った期間限定桃薫のプリン&ゼリー!

桃の香りの苺「ももみ」が入った期間限定桃薫のプリン&ゼリー!

1~3月の旬食材⑦


 常連マダムの依頼で3ヶ月の間イチゴに関する情報を集めている。
できれば新品種いちごについてをもっと詳しくしりたいという要望にこたえ、今回はレストラン等をまわるのではなく、あるモノを取り寄せた。
桃の香りのする苺を使用した「プルシック」のボトルフルーツゼリーだ。

 

体験報告


 岐阜にある「プルシック」は以前「マツコの知らない世界」でも紹介されたことのあるお菓子屋さん。
この店の人気商品の1つがボトルスイーツで、ボトルの中にフルーツゼリーやプリンが入っている。

【グルメ探偵局】※画像1 ボトルスイーツが入った箱

※画像1 ボトルスイーツが入った箱

ボトルスイーツは定番メニューもあるが、季節限定の商品も存在する。
その中にいちご入りのメニューもあるというわけだ。
電話にて注文をすると、このような箱に梱包されてボトルが届く。

 

実食報告


 今回この店のボトルスイーツをマダムに紹介しようと思った理由は、新品種いちごを使用したメニューがあるから。
ボトルフルーツゼリー(いちご)という商品の他に、ボトルフルーツゼリー(桃薫)という一風変わったいちごを使用したメニューも提供しているのだ。

【グルメ探偵局】※画像2 2種類のいちごメニュー

※画像2 2種類のいちごメニュー

右側が通常の赤いいちごのボトルスイーツで、左側が桃薫。
果皮がピンクっぽいのがわかるだろうか?

【グルメ探偵局】※画像3 ふたを開けた様子

※画像3 ふたを開けた様子

2種類のボトルスイーツをふたを開けた状態で見比べてみると、色の違いがよくわかるかもしれない。

【グルメ探偵局】※画像4 ボトルフルーツゼリー(いちご)

※画像4 ボトルフルーツゼリー(いちご)

まずは食べなれている赤いイチゴのほうから食すことにした。
中に入っているいちごは岐阜県産のものと愛知県産を使用。

【グルメ探偵局】※画像5 スプーンにのせたいちごゼリー

※画像5 スプーンにのせたいちごゼリー

みずみずしいジュレの食感。
ゼリーからはほんのりバニラが香り、なんだかとてもオシャレ。
上部のゼリーと下のプリンの色のコントラストも素敵。

【グルメ探偵局】※画像6 ボトルフルーツゼリー(桃薫)

※画像6 ボトルフルーツゼリー(桃薫)

希少な新品種いちご「桃薫」を使用した珍しいスイーツ。
桃薫とは桃やトロピカルフルーツ、そしてココナッツのような香りのする不思議なイチゴ。
キルフェボンにて「桃薫のタルト」が販売されるようになったことから、この品種を知る人が徐々に増えてきている。

【グルメ探偵局】※画像7 スプーンにのせた桃薫ゼリー

※画像7 スプーンにのせた桃薫ゼリー

桃薫の中でも、プルシックでは軽井沢で作られている「ももみ」というイチゴを使用。
ももみは他の桃薫とはまた少し異なる薫りで、トロピカルフルーツやココナッツというよりも、すももやあんずのような香りが漂う。

 

デリシャスポイント


下のほうはなめらかでクリーミーなプリン。
ゼリーとプリンを別々に食べても、もちろん合わせて一緒に食べても美味。
厳選されたいちごはとても存在感があり、プリンの甘味や風味に負けない力強さが!
なめらかなプリンは優しくいちごを包み、両者が上手に一体化している。

 

【グルメ探偵局】※画像 なめらかなプリン

案内図


岐阜市琴塚2-1-18
店名 岐阜の小さなお菓子屋さん「プルシック」
公式HP http://www.plesic.jp/index.html
住所 岐阜県岐阜市琴塚2-1-18
営業時間 10:00~18:00
定休日 毎週火・水曜日
※食材探求のため、定休日以外にも休みあり

 

依頼人からのコメント


madam

なんて可愛らしい苺スイーツなのでしょう!
桃色のイチゴを味わえるなんて感動だわ!
すぐにでも注文しなくては。

探偵さん、今度はいちご尽くしのコースなんかがあれば知りたいわ。
スイーツだけでなく、料理にいちごが使用されているものはないかしら?

to be continued

【グルメ探偵】クリスマスツリー風パフェ!

クリスマスツリー風パフェ!

11月の限定メニュー②


今月食べることができる限定メニューを求めて次はどの街へむかうか考えていたところ、ふと浦和のうなこちゃんのことが思い浮かんだ。

うなこちゃんの石像が持ち去られるという事件をつい最近ニュースで見たが、一体今うなこちゃんはどうなっているのだろう…

【グルメ探偵】※画像1 浦和駅前のうなこちゃん

※画像1 浦和駅前のうなこちゃん

自然と足がむき浦和駅前に降り立ってみると、駅前のうなこちゃん像の握っているうちわに「うなこちゃん 帰るのを待ってます」というメッセージが。

せっかく浦和にやってきたのだから、うなこちゃんの帰りを祈りながら浦和の絶品スイーツを食べよう。

そして浦和で大人気の『アカシエ・サロン・ド・テ』を訪れた。

【グルメ探偵】※画像2 外観

※画像2 外観

 

体験報告


 浦和駅から歩いて15分ほどの静かな場所にあるオシャレなサロン。
祝日の12時頃入店すると、空席はカウンターに1席のみ。
タイミングよく2組の客が退店することになり、席の準備ができるまでレジ前で待つことに。

【グルメ探偵】※画像3 レジ前の椅子

※画像3 レジ前の椅子

テーブルが綺麗に片付いてからもランチ利用客へのサーブを優先しており、思ったよりも待ち時間は長かった。

【グルメ探偵】※画像4 クリスマス装飾

※画像4 クリスマス装飾

椅子に座って店内を眺めているとクリスマスの装飾が至る所にあり、なんだかとても和んだ。

【グルメ探偵】※画像5 カウンター

※画像5 カウンター

その後、私は入り口に一番近い2名用テーブルに通された。
カウンター席の場合は目の前でパフェが出来上がっていく様子などを見ることができる。

【グルメ探偵】 ※画像6 天井装飾

※画像6 天井装飾

クリスマスの装飾は天井からも。トナカイや星等の飾りがキラキラ輝いて美しい。

店内の様子を眺めているとスタッフが待ち時間があったことについてお詫びの言葉を丁寧に語り、この店の接客対応の素晴らしさを実感した。

 

実食報告


 今回見つけた限定メニューは12月15日12月13日まで提供されるクリスマスメニュー「クープ・ノエル」。
クリスマスツリーに見立てたパフェだ。

【グルメ探偵】※画像7 「クープ・ノエル(1550円)」

 

※画像7 「クープ・ノエル(1550円)」

グリーンのクリームの正体はピスタチオクリーム。
モミの木の形を上手にあらわしており、周りのデコレーションにもこだわっている。

【グルメ探偵】※画像8 クープ・ノエルと店内風景

※画像8 クープ・ノエルと店内風景

少し遠目から見るとホンモノのツリーのよう。
店内装飾ともマッチしている。

【グルメ探偵】※画像9 星型のチョコレート

※画像9 星型のチョコレート

トップにある星もちゃんと食べることができる。
実はチョコレートでできているのだ。
左後ろに見えているのはアールグレイティー。

【グルメ探偵】※画像10 カモミールのアイスクリーム

※画像10 カモミールのアイスクリーム

ピスタチオのクリームを食べ進めていくと、最初に中から登場するのはカモミールのアイスクリーム。
その香りにとても癒される。

 

デリシャスポイント


 このツリーパフェの魅力はなんといっても様々な食材の食感。
カモミールアイスの下には真っ赤なミックスベリーのソルベ、そしてその奥からはふわふわの生地やホワイトチョコレートが!

さらに食べ進めていくとパリパリのパイまで!
ラストにはすっきりとしたバニラのジュレが登場。
何層にも美味しさが重なっている逸品だ。

クリスマスツリーの飾りつけの1つとして大粒のいちごが乗せられているのもいちご好きには嬉しい演出。

なんだかクリスマスツリーとクリスマスケーキを同時に愉しむことができたように思える。

【グルメ探偵】※画像(ホワイトチョコが見えている写真)

 

 

案内図


埼玉県さいたま市浦和区高砂4-4-19
店名 アカシエ・サロン・ド・テ
公式HP http://www.acacier.com/salon/index.html
住所 〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-4-19
営業時間 11:00~17:00(16:30 L.O.)
ランチ 11:00~14:00( L.O.)
定休日 水曜定休(祝日の場合は変動あり)

依頼人からのコメント


madam

まぁ!なんて素敵なの!
こんなにもクリスマスツリーそっくりに仕上がったパフェは見たことがないわ!
これは是非期間中に食べに行かなくては。

グルメ探偵さん。
これからも私が今まで見たことのない珍しいメニューをどんどん教えてちょうだいね。